ハ・ジョンウ監督×主演『いつか家族に』は余華著「血を売る男」の映画化



映画『いつか家族に』(原題 허삼관 |英題 Chronicle of a Blood Marchant )、韓国映画界第一線で活躍するハ・ジョンウの監督/主演作にハ・ジウォン、チョ・ジヌン、ユン・ウネなど韓国人気俳優陣が集結。原作は中国の作家・余華著「血を売る男」で、主人公ホ・サムグァン(許三観)が美女ホ・オンナンに一目惚れ、3人の息子イルラク、イラク、サムラクをもうけ、本当の「家族」になるまでの試練と葛藤、そして深い愛情を描く。

ハ・ジョンウ監督×主演『いつか家族に』は余華著「血を売る男」の映画化
映画『いつか家族に』(原題 허삼관 |英題 Chronicle of a Blood Marchant ) © 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & DHUTA. All Rights Reserved

映画『チェイサー』『1987、ある闘いの真実』など骨太作品にかかせない韓国俳優ハ・ジョンウの監督第二作。長男イルラクが他人の子ではという噂が流れる。疑いを晴らすべく血液検査を受けさせたサムグァンだったが、その結果は無情にも他人の子であるというものだった。

映画『いつか家族に』(ファインフィルムズ 配給)は2018年12月22日[土]よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか公開

映画『いつか家族に』あらすじ

1953年、朝鮮戦争の終戦直後。現場仕事で生計を立てるサムグァン(ハ・ジョンウ)は、ポップコーン売りの美しいオンナン(ハ・ジウォン)に一目ぼれし、彼女には羽振りのいい恋人がいると知りながらもプロポーズする。オンナンの父親を説得し、結ばれたふたり。利発な長男をはじめ3人の子宝にも恵まれ、貧しいながらも幸せに暮らしていたが、11年間育てた息子が他人の子ではないかという噂が流れ…。(2015年/韓国映画/韓国語/124分)

映画『いつか家族に』予告編


© 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & DHUTA. All Rights Reserved

映画『いつか家族に』公式サイト http://www.finefilms.co.jp/kazoku/
余華著「血を売る男」( 河出書房新社)をAmazonで購入する
1987、ある闘いの真実(チャン・ジュナン監督) – 映画予告編

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD