波瑠、西島秀俊は「観覧車のようにおおらかな人」と絶賛!



女優の波瑠が10月16日、主演映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の女性限定公開直前イベントに出席し、初共演した西島秀俊を「観覧車のようにおおらかな人」と絶賛した。この日のイベントには西島秀俊と波多野貴文監督も来場した。

波瑠、西島秀俊は「観覧車のようにおおらかな人」と絶賛!
左から西島秀俊、波瑠、波多野貴文監督in神楽座

本作は熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた物語で、波瑠と西島秀俊は初共演し部下と上司の関係を演じている。

遊園地グリーンランドの新人社員・波平久瑠美役の波瑠は「久瑠美が成長していく様を見てほしかったので、演じる上で逆算を意識。なので冒頭ではつまらなそうに仕事することを心掛けて、むくれながらゴミを集めていました」と役作りの工夫を回想。

カリスマ上司・小塚慶彦役の西島は、劇中でのスマイル大放出に「実際はそんなに笑っていません。きっと監督がどこかで勝手にカメラを回していたのではないかと思っています」と首をかしげると、波瑠は「ずっと笑っています。それは真実です」と西島のスマイル認定で、西島は「自分でもビックリしています。それだけ現場の雰囲気が素敵だったということ」と笑顔を見せた。

奇しくも10月16日は、従業員たちが職場の上司を称え、感謝の気持ちを表す“ボスの日”。信頼してついて行ける上司のイメージにぴたりとして、なんと西島が「理想のボス(上司)」イメージNo.1俳優に選ばれたという。

選出に深々とお辞儀をした西島の横で波瑠は「納得です!とても」と深く頷いて「現場での大らかな佇まいは観覧車のよう。見守ってくれているという意味を込めて、西島さんは観覧車です」と映画の舞台である遊園地にかけて賞嘆。

この比喩に、西島から「例えがわからないよ!自信満々に言っているけれど、観客の皆さんもノッていないよ?」と指摘された波瑠だったが「え?めっちゃひらめきですよ!もう一度言いますか?西島さんが観覧車というのは、重要な存在という意味です。ノッていないのは西島さんだけですよ!」と再びの自信満々だった。

また「先輩からの名言」について聞かれた西島は、俳優デビューというテレビ朝日系連続ドラマ「はぐれ刑事純情派」出演時を振り返り「藤田まことさんが番組終わりに色紙に“本業をゆっくりと”とサインをくれました。不器用な僕が現場で『時間がかかるのでゆっくり見ていてください』という言葉を覚えていてくださって、それを書いてくれました。本業をゆっくりとという言葉はいつも自分の頭に残っていて、一歩一歩ゆっくりとやって行こうと思っています」とベテラン俳優との思い出を吐露。

一方の波瑠は「お兄さん的先輩俳優が『40歳までは下積み』とふと言っていた言葉が印象的。大人になっても学ぶ姿勢を忘れず、撮影現場に居続けるのは素晴らしい考え方だと思いました」と先輩俳優からの金言を明かした。

最後に西島は「仕事の壁、仕事と恋愛のバランスを自分の努力で変えていく。自分の居場所を自分で作ることの発見を教えてくれる映画です。仕事やプライベートを頑張っている女性の方々に共感してもらえるはず」とアピール。

主演の波瑠も「一人の女性として映画を観て元気をもらいました。楽しく仕事をするのは大切なこと。そういう人たちが自分の周りにはいるから、笑顔になれる現場が多いんだと気付かされた。仕事も恋愛も頑張るすべての女性に観てほしい映画です」と公開初日に思いを馳せた。

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』(HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム配給)は2018年10月26日[金]よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
© 小森陽一/集英社 ©2018 映画「オズランド」製作委員会

『オズランド』波瑠×西島秀俊、熊本グリーンランドの“魔法”を語る!
波瑠×西島秀俊初共演『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD