宮崎駿×今敏の影響も!『スパイダーバース』監督が明かす

映画インタビュー

第91回アカデミー賞(R)長編アニメーション賞を受賞した映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(原題 Spider-Man: Into The Spider-Verse )の監督を務めたボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンと、プロデューサーを務めたクリストファー・ミラーのインタビューが到着。そのなかで同作は宮崎駿や今敏の影響といった日本アニメのDNAを継承していることが伺えた。

主人公マイルスと、スパイダーマンたち
主人公マイルスと、スパイダーマンたち
© 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & TM 2019 MARVEL.

本作は、CGアニメーションと手描きの手法の融合により、革新的なビジュアルで誰も観たことのないスパイダーマンの世界において成長・仲間との絆の新たな物語が描かれていく。

アメリカのアニメ、クレイアニメ、日本のアニメなど様々な要素が取り入れられた作品だが、ビジュアルの方向性を決めた要因、影響を受けた日本のアニメ作品とのこと。ピーターも「多大な影響を受けた作品は、大友克洋監督の『AKIRA』だね『AKIRA』の要素は絶対あるし、彼のスタイルは演出におけるまさにナチュラリズムだね」とコメント。

ボブは「日本のたくさんの作品からインスピレーションを受けたよ。僕たちはみんな宮崎駿のファンだと思う。僕らの作品は彼(宮崎駿)にインスパイアされているんだ。彼の作品からは、全体的な映画のトーンとビジュアルが大きく反映されたね。彼は“詩人”なんだ。だから、たくさんの要素が詰まっている彼のストーリーテリングには、僕がこれまで手がけてきた作品は、影響を受けてきたと言えるね。だから、彼のDNAは本作にも継承されていると思うよ」と宮崎駿が本作と自身に与えた影響の大きさを語る。

さらに、アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』や『パプリカ』が代表作の今敏をはじめ、従来のアニメ製作の手法の枠を突き破り、斬新な映像を作り上げてきたクリエイター達から影響を受けという。

ボブは「様々な手法で斬新な映像を作ることは日本ではずっと前からやってきたことだけど、僕たちは今、まさに追いつこうとしているんだ。僕たちが目指している楽しみなことの一つが、スパイダーマンの新しくて面白いストーリーを新しくて斬新な映像スタイルで見せていくことなんだ。そして、僕らが参考にしている芸術的なアプローチのほとんどが日本から来ているんだ」と、明かしている。

続いて、登場キャラクターについて、日本のメディアやファンから注目を集めているペニー・パーカーの話題に。ペニーは日本の学生服を着た女の子でロボットを操縦して戦う姿が特徴的だが、「ペニーのアイデアは、『セーラームーン』をはじめ、本当に色々な漫画やアニメから影響を受けたよ」とピーターは語る。ロドニーも「ペニーの元のアイデアとなった色々なキャラクターから僕たちのスタイルで僕たちのバージョンのペニー・パーカーを作り上げようとしたんだ」と、ペニーの誕生秘話を明かしている。

スタン・リーの登場シーン、Stan’s Merch Shopのオーナー
スタン・リーの登場シーン、Stan’s Merch Shopのオーナー
© 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & TM 2019 MARVEL.

また、本作の見所の一つでもある『スパイダーマン』の生みの親“スタン・リー”の登場シーンについての話題も飛び出す。主人公マイルスが、スパイダーマンのマスクとスーツを買う店(Stan’s Merch Shop)のオーナーとしてスタンが登場するシーンは明らかだが、それだけでなく、数えきれないほどの回数、スタンが本編に登場していると監督たちは口を揃える。「スタンはあらゆるニューヨークのシーンに登場していて、突如現れたり、ほんの数秒だけだったり、映画全体を通してたくさんの場面に登場している。

特に、電車のシーンに多く登場しているし、他にも、マイルスとピーター・パーカーが歩道を歩きながら、ピーターが“ありがとうニューヨーク”って言うときに横を通り過ぎるのもスタンなのさ!」と解説してくれた。実際に、スタンは目で確認できる数よりもかなり多く登場しているようで、監督たちもスタンを本編に何回登場させたのか正確には分からないという。

最後に、続編やスピンオフの製作もささやかれている本作の今後の展開やアイデアついても語ってくれた。「この映画は、“Intothe Spider-Verse”って内側にってサブタイトルが付いているけど、実際は外側の話だったよね(笑)。もし、もっとスパイダーマンの内面的な部分を描いていたら、クールだったかもしれない。まあ、今後どういう展開になるか期待していてよ。(スタン・リーがスパイダーマンになった)スパイダー・スタンが登場するかもしれないしね(笑)」とファンの期待を煽るコメントを残した。

日本語吹替版には豪華声優陣が集結!

主人公マイルス・モラレス/スパイダーマンを演じるのは、『ハリー・ポッター』のハリー役の小野賢章。マイルスを見守る先輩スパイダーマン、ピーター・パーカーを演じるのは、「DEATH NOTE」など数多くの作品で主役を務めてきた宮野真守。そしてグウェン・ステイシー/スパイダー・グウェンは、「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公鹿目まどか役の悠木碧が演じている。

宮崎駿×今敏の影響も!『スパイダーバース』監督が明かす
© 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & TM 2019 MARVEL.
映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
2019年8月7日[水]ブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始
2019年6月26日[水]よりデジタル先行配信

プレミアム・エディション【初回生産限定】 9,200円(税別)
ブルーレイ&DVDセット【初回生産限定】 4,743円(税別)
4K ULTRA HD&ブルーレイセット【初回生産限定】 6,800円(税別)
IN 3D【初回生産限定】 5,695円(税別)

『スパイダーマン:スパイダーバース』2019年日本公開決定!
祝オスカー受賞!『スパイダーマン:スパイダーバース』メイキング映像
映画『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイトwww.spider-verse.jp
【Amazon.co.jp限定】スパイダーマン:スパイダーバース プレミアム・エディション(初回生産限定)(特典 スペシャル・ボーナスディスク付) [Blu-ray]をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で