左から綾野剛、笑福亭鶴瓶、小松菜奈

笑福亭鶴瓶×綾野剛×小松菜奈『閉鎖病棟』撮影を語る

ニュース

笑福亭鶴瓶×綾野剛×小松菜奈『閉鎖病棟』撮影を語る

帚木蓬生著の山本周五郎賞受賞作「閉鎖病棟」(新潮文庫刊)を笑福亭鶴瓶主演、綾野剛×小松菜奈共演で、映画『愛を乞うひと』『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督・脚本により映画化する。その撮影現場の様子を捉えたメイキング映像が届いた。

笑福亭鶴瓶×綾野剛×小松菜奈『閉鎖病棟』撮影を語る
左から綾野剛、笑福亭鶴瓶、小松菜奈
©2019「閉鎖病棟」製作委員会

病院の精神科病棟を舞台に起きた、ある事件に隠された事実とは?

メイキング映像では、主演の笑福亭鶴瓶は、死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し今は精神科病棟にいる秀丸役を演じるために7キロ減量して臨む姿。秀丸と心を通わせる患者・チュウさん役で『そこのみにて光輝く』『新宿スワン』の綾野剛、父親からDVを受け精神科病院に入院する女子高生・由紀役で『渇き。』『恋は雨上がりのように』の小松菜奈が迫真の演技を見せている様子が窺える。

鶴瓶は本作の脚本を読んで「涙が止まらなかった」と言う。また、共演の綾野、小松も精神科病棟に入院する患者に挑戦。綾野は「これは、閉鎖病棟という中で暮らす方々の日常で、ウソだけはない」と言う。小松も「これは、挑戦しなきゃいけない役だなと思った。」と役への意気込みを語る。3人もそれぞれ問題を抱え、彼らが涙する理由とは?
最後に「人に優しい映画」だと鶴瓶は話した。

映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(東映 配給)は2019年11月1日[金]より全国公開
©2019「閉鎖病棟」製作委員会

映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』あらすじ

長野県のとある精神科病院。それぞれの過去を背負った患者たちがいる。母親や嫁を殺めた罪で死刑となりながら、死刑執行が失敗し生き永らえた梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)。サラリーマンだったが幻聴が聴こえ暴れ出すようになり、妹夫婦から疎んじられているチュウさん(綾野剛)。不登校が原因で通院してくる女子高生、由紀(小松菜奈)。彼らは家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こった。加害者は秀丸。彼を犯行に駆り立てた理由とは?
原作 帚木蓬生「閉鎖病棟」(新潮文庫刊) 監督・脚本 平山秀幸 |キャスト 笑福亭鶴瓶 綾野剛 小松菜奈
坂東龍汰 平岩紙 綾田俊樹 森下能幸 水澤紳吾 駒木根隆介 大窪人衛 北村早樹子
大方斐紗子 村木仁 / 片岡礼子 山中崇 根岸季衣 ベンガル
高橋和也 木野花 渋川清彦 小林聡美

映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』メイキング映像


©2019「閉鎖病棟」製作委員会

映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』公式サイト www.heisabyoto.com
帚木蓬生著「閉鎖病棟」(新潮文庫刊)をAmazonで購入する
岡田准一主演『エヴェレスト 神々の山嶺』キャスト続報&ビジュアル解禁

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で