マット・デイモン「不可能を成し遂げる勇気が必要だ」

映画インタビュー

マット・デイモン「不可能を成し遂げる勇気が必要だ」

不可能へ挑戦していく姿を描いた実話を映画化した『フォードvsフェラーリ』 (原題 Ford v. Ferrari )について、マット・デイモンとクリスチャン・ベイルが語った。

マット・デイモンとクリスチャン・ベイル
マット・デイモンとクリスチャン・ベイル
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

マット・デイモン演じる元ル・マン優勝レーサーで気鋭のカーデザイナー、キャロル・シェルビーと、クリスチャン・ベイル演じる破天荒な一流レーサー、ケン・マイルズの歴史を変えた挑戦が如何に奇跡的で危険なモノだったのかを語っている。

ル・マンでの勝利という、フォード・モーター社の使命を受けたカー・エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)。常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要だった。彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつけるのだった。

マット・デイモンは「まったく違うタイプの2人の男が力を合わせ、奇跡を起こそうとする」とキャロル・シェルビーとケン・マイルズが同じ目標を持ちながら絶妙なバランスで挑み、この2人だからこそ成し遂げられた奇跡の実話であることを、敬意を込めて語る。天才レーサーを演じるクリスチャン・ベイルは「カーレース全盛期を描いているが、ただのレース映画じゃない」と本作がレース映画の枠を越えた、不可能を可能にした男たちの挑戦の物語であることを強調。

また、迫力のレースシーンや、衝撃のクラッシュシーン、2人の意見が時折ぶつかり合いながらも試行錯誤を繰り返す様子、ケン・マイルズの妻や子供も登場し、2人が背負った大きな期待や、それを見守る家族の不安も垣間見える本編シーンを交え、命懸けの闘いに挑む姿が伺える内容になっている。
 
幾多もの困難を乗り越えて成し遂げられた奇跡。名優マット・デイモン、クリスチャン・ベイルが最大限に敬意を払い演じた実在したふたりの男の友情と絆、支える家族の気持ちが交差して日本中の誰もが共感するに違いない。不可能を可能にした挑戦の物語が今、始まる!

映画『フォードvsフェラーリ』(ウォルト・ディズニー・ジャパン 配給)は2020年1月10日[金]より全国公開
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『フォードvsフェラーリ』本編映像

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

マット・デイモンとジェームズ・マンゴールド監督が、ル・マン24時間レースの壮絶さ、熱血カー・デザイナー/キャロル・シェルビーと破天荒なレーサー/ケン・マイルズが成し遂げた偉業が如何に危険で勇気の必要なことかを、本編シーンと貴重な資料映像と共に語る特別映像「ル・マンへの挑戦」解禁

映画『フォードvsフェラーリ』公式サイトwww.foxmovies-jp.com/fordvsferrari
『フォードvsフェラーリ』ル・マン耐久レースの実話!
マット・デイモン「奇跡の大逆転の物語だ」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で