ケイト・ウィンスレット『とらわれて夏』英ロンドン映画祭

映画会見/イベントレポート

[シネママニエラ]10月14日(現地時間)英国で開幕中のロンドン映画祭にて、映画『とらわれて夏』(原題:LABOR DAY)のプレミアが行われ、主演のオスカー女優ケイト・ウィンスレットがジェイソン・ライトマン監督や共演のジョシュ・ブローリンらとともにレッドカーペットに登場した。

ケイト・ウィンスレット『とらわれて夏』英ロンドン映画祭
ジョシュ・ブローリン、ケイト・ウインスレット、ジェイソン・ライトマン監督

撮影現場でも母親の気持ちだった

ケイトは真っ赤なドレスを身にまとい、現在3人目を妊娠中。そのお腹はぽっこりと目立っており、年内には出産と報じられている。ケイトは迎え入れたファンにも満面の笑みでサインを行い、時にはお腹に手をあてながらマスコミのインタビューや写真撮影にこたえるなど終始ご機嫌の様子だった。

本作は、13歳の息子を持ちトラウマを抱えたシングルマザーが、脱獄したばかりの逃亡犯と出会い、心を通わせていく5日間を描いた物語。映画の中でも母親を演じるケイトは、息子役のガトリン・グリフィスとの共演について、「あの年頃のかわいい男の子と共演するのは本当に素晴らしかったわ!彼の友達になって、導いてあげたいと思ったの。撮影現場ではあの子が私のプライオリティのナンバー1だった。一緒のシーンを撮影する時や、彼が私を必要としていると感じる時はそばにいたわ。まるで親のようにね」と、撮影現場でもまるで母親の気持ちのようだったことを語った。

35歳の天才監督ジェイソン・ライトマンは、映画『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®のノミネートを果たした。そんな彼がジョイス・メイナード著の原作を基に、脚本と監督を兼ね、オスカー女優ケイト・ウィンスレット、演技派ジョシュ・ブローリン、トビー・マグワイア、天才子役ガトリン・グリフィスらを起用した本作は、すでにいくつかの映画祭で上映をされ、メディアではケイト・ウィンスレットの演技が絶賛されており、今後の映画賞レースへの期待が高まっている。

2013年アメリカ映画/
原題=LABOR DAY
日本公開=2014年5月1日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
©MMXIII Paramount Pictures Corporation and Frank’s Pie Company LLC. All rights Reserved.

長谷川博己 禁断の愛を描く感動作『とらわれて夏』予告編ナレーションを務める
ケイト・ウィンスレット『とらわれて夏』英ロンドン映画祭
とらわれて夏 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) Blu-rayをAmazonで購入する
公式サイト www.torawarete.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で