広瀬すず『一度死んでみた』アドリブを反省

映画会見/イベントレポート

広瀬すず『一度死んでみた』アドリブを反省

女優の広瀬すずが主演するハートフルコメディ映画『一度死んでみた』大ヒット祈願ミサに、吉沢亮と堤真一、浜崎慎治監督とともに出席。チャペルで開催のため、広瀬は堤への暴言を懺悔し、吉沢は体力のなさを反省していた。

広瀬すず『一度死んでみた』アドリブを反省
広瀬すず『一度死んでみた』アドリブを反省
©2020 松竹 フジテレビジョン

本作は、いまだ反抗期継続中のこじらせ女子大生・七瀬(広瀬)が、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態になってしまった大嫌いな父親・計(堤)を、生き返る前に火葬されるピンチから救うべく、計の秘書・松岡(吉沢)と共に奔走する姿を描く。5分に1回出てくる豪華キャストにも注目が集まる。

映画『一度死んでみた』大ヒット祈願ミサ
大ヒット祈願ミサ

ヒット祈願イベントといえば通常、神社やお寺が多いが、今回のイベントは異例のチャペルでの実施。本作のテーマカラーであるピンク色にライトアップされたチャペルで、広瀬、吉沢、堤が祈りを込めたピンクのキャンドルをもって登場し、厳かな雰囲気のなか、浜崎監督とプロデューサーらスタッフとともに牧師のお言葉に耳を傾け、映画の大ヒットを祈願した。

吉沢亮、キャンドルをもって登場
吉沢亮、キャンドルをもって登場

トークショーでは、本作が初のコメディ作品となった広瀬が「撮影していたのが1年半前なので、やっと公開という気持ちです。初めてのコメディは共演者の皆さんがすごすぎて…私のことは温かい目で見守ってください」とはにかみながら挨拶。謙遜する広瀬に、浜崎監督は「こんな広瀬さんは見たことない!という表情やお芝居が盛りだくさんなので楽しみにしてください」と自信たっぷりに答えた。

見所満載の本作だが、吉沢は「(注目すべきは)すずちゃんのコメディエンヌぶり。あと、デスメタルのバンドのライブシーンの迫力や完成度もすごいのでそこにもご注目ください」と初コメディだけでなく、デスメタルバンド「魂ズ」のヴォーカルに挑戦した主演の広瀬を絶賛。

左から吉沢亮、広瀬すず、堤真一、浜崎慎治監督
左から吉沢亮、広瀬すず、堤真一、浜崎慎治監督

広瀬は「魂ズは売れないバンドの設定なんですけど、ライブシーンに出演してくださった大友康平さんが撮影現場で、『めちゃくちゃ売れるよこれ』と曲を大絶賛してくれたんです」というエピソードを披露。魂ズの楽曲も手がけた音楽クリエイターのヒャダインの音楽にも注目してほしいと語った。

そして堤が「私は、ある方とのキスシーンがあります」と衝撃の見所を明かしたのだが、そのシーンはなんと浜崎監督でなく、その日の出番がほとんど終わったリリー・フランキーによって演出されたそう。「リリーさんがすごくこだわって、『この角度のほうがいいんじゃない?』など細かいディレクションが入っていました」と浜崎監督が話すと、「出番が終わったから帰ればいいのに…」と堤からすかさずツッコミが入る、現場の和やかさが伺えるエピソードを明かした。

チャペルでのイベントということで、すっきりとした気持ちで公開日を迎えるべく「この映画にまつわる懺悔」を聞かれた登壇者たち。映画で走るシーンが多かったという吉沢は、「ゴースト社員と呼ばれるくらい普段から存在感がなくて、体力もない役でしたが、走っていたらゼエゼエしてしまって…自分がこんなに体力がないのかと実感しました。役者として、常に体が動かせるように意識しておかないといけないなと思いました」と語り、浜崎監督も「芝居じゃなかったの?」と思わず聞いてしまった本作の全力疾走シーンを振り返った。

牧師からのお言葉の美しさに感動し、台詞とはいえ、汚い言葉遣いを反省したという広瀬は、撮影中も堤演じる父親の計に暴言を吐くシーンで、「なかなかカットがかからなくて、お芝居を続けなきゃと思ってアドリブで『くせぇんだよ!!』と言ったんですが、カットがかかった後に(堤に)『アドリブは傷つくなあ』と言われました(笑) それを懺悔します!」と堤に直接謝罪。堤も笑顔で「いいよいいよ」と答えていた。

最後に広瀬が「笑って泣ける作品なので、是非観に来てほしいという気持ちはあるんですが、こんな状況だからこそ少しでも早く日本に笑いやあたたかい気持ちが気持ちが届くよう、この作品が背中を押せればいいなと思います」と締め、イベントは幕を閉じた。

映画『一度死んでみた』(松竹配給)2020年3月20日[金]より全国公開

映画『一度死んでみた』予告編

©2020 松竹 フジテレビジョン

広瀬すず、初のコメディ映画!『一度死んでみた(仮)』
広瀬すず×吉沢亮×堤真一の“発表に爆笑デス”
「小説 一度死んでみた (角川つばさ文庫) 」をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で