角川会長『Fukushima 50』映画化の経緯明かす

映画会見/イベントレポート

角川会長『Fukushima 50』映画化の経緯明かす

俳優の佐藤浩市、渡辺謙が3月4日、日本外国特派員協会記者会見に出席し映画『Fukushima 50』への想いを語った。若松節朗監督、株式会社KADOKAWA角川歴彦取締役会長も同席し、会長は映画化の経緯を明かした。

左から角川歴彦、渡辺謙、佐藤浩市、若松節朗(敬称略)
左から角川歴彦、渡辺謙、佐藤浩市、若松節朗(敬称略)
© 2020『Fukushima 50』製作委員会

マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか―、何が真実なのか―、浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、家族を、そしてふるさとを守るため死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、今、遂に明らかになる。

主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役に佐藤浩市、福島第一原発所長、吉田昌郎役に渡辺 謙。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田 満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤 工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美ら、豪華実力派キャストが結集し、邦画初となる米軍の撮影協力も得るなど、日本映画史上最大級のスケールで映画化している。

まず、本作を映画化するに至った経緯を聞かれた角川会長は「この題材の映画化の話は故・津川雅彦さんから持ち込まれたものだが、テーマが難しかったですが、福島第一原発の中で何が起きていたのかに迫りたいと思っていました。そうしてなかなか形にできずにいたところ門田さんの原作に出会いこれを形にすることで津川さんの夢を叶えようと思いました」と本作の企画するに至った経緯を明かす。

そして、若松監督も「人間の弱さや強さが入っている映画が大好きです。原発作業員の思いが重層的にある題材だと思いやりたいなと思いました。毎年3月11日が近づいてくると、メディアも東日本大震災のニュースを流しますが、だんだんと少なくなってきているように思えます。毎年この時期に本作が放映されるようになれば風化を止めるきっかけになると思いました」と力強く語る。

本作がまもなく公開されるにあたって渡辺は「この映画がいよいよ公開を迎えるとなった際に社会情勢がこのようになりました。それでも我々は未来を予見することはできない。国難のような岐路に立たされた時にどうするべきなのか、この映画を見ることでひとつのヒントを得ることができるかもしれない。そうした未来へ向かう大きなステップになる映画だと思います」とコメント。

それに対し佐藤は「最初は被災された方の気持ちを考えると映画化するには早いんじゃないかと思いました。それでも、この映画を実際に福島の方々に見ていただく機会がありました。本編には精神的にも痛みを強いるシーンが多いのですが、それでも最後まで見てくれた方が『映画を作ってくれてありがとう』と仰ってくれました。その言葉を聞いてギリギリだったんだなと思いました。人間は痛みを忘れることで次に挑戦できますが、この事実を風化させてはいけない。自分たちがもう一度見直すという意味ではギリギリだったんだなと思いました。痛みを次の世代に語り継ぐためにも、今このタイミングで本作を見ていただくということだと思います」と本作に込めた想いを語った。

映画『Fukushima 50』ポスタービジュアル
映画『Fukushima 50』ポスタービジュアル
©2020『Fukushima 50』製作委員会

演じた役どころについて聞かれ渡辺は「自分が演じた吉田さんの経歴や育った環境のリサーチはしました。なによりも吉田さんと共にお仕事をしていた人たちからお話を聞く機会があったことです。実際に原発内で事故が起きた時、どういう対応をしていたのか、どのように中操の作業員とコミュニケーションを取っていたのかなどを事前にリサーチできたことは大きかったです」と吉田所長を演じるにあたって一緒に働いていた作業員などからリサーチを重ねたという。

主演の佐藤と共演の渡辺は12年ぶりとなる共演。お互いについて佐藤は「『許されざる者』(2013)を一緒にやれたことが大きかったです。年齢もほぼ一緒で、40年近く俳優としてものづくりの仕事をしている信頼関係はありますね。劇中で吉田と伊崎が直接話す所はトイレのシーンくらいなんですけど、二人の中にある共通理解というのは絶対に取ることはないだろうと思っていた緊急時にのみ使用する赤い電話で話さなければいけない状況が来た時の気持ちは一緒で繋がっていたと思います」とこれまでに数多く共演してきた渡辺への感謝する。

それに対して渡辺は「浩市くんの100本目の出演映画はなんでもやる、通行人の役でもやるよと言っていたらあっという間に100本目を超えていたんですよ(笑)。そしてこれまで吉田所長を題材にした映画のオファーを受けたことが2.3回ありましたが、それらは原発事故を再現するだけだとお客さんには何も届かないと思ったんです。本作のオファーを受けて、現場で働いてる伊崎に焦点を当てていて、素晴らしいヒューマンドラマになると脚本を読んで思いました。そして伊崎さんを演じるのが佐藤浩市だったので、出演するべきだと思いました。撮影を通して彼は信頼に値する素晴らしい俳優だと実感しましたね」と今回オファーを受けたきっかけと主演の佐藤を称賛した。

最後に本作が73の国と地域での上映が決まっていることに対して渡辺は「海外にも多く友人がいますが、“福島”というワードをネガティブに捉えていると思います。日本の中でこの問題をどう解決しようとしているかについては関心が高いです。ネガティブに感じるものを我々がどうポジティブに捉えることが出来るようになるのか、この映画が起点となって世界に広まっていくことを願っています」と願いを込めて語りました。佐藤は「災害は負の遺産でしかない、でもその負の遺産、起きてしまった事象を正確に伝えつつもメンタリティを少し変えて遺産にしていけるようにこの映画を見て感じてもらえたらと思います」とコメントし記者会見は終了した。

映画『Fukushima 50』インターナショナル版予告編

© 2020『Fukushima 50』製作委員会

映画『Fukushima 50』とは
2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)が原作の映画。

映画『Fukushima 50』(松竹 KADOKAWA 配給)は2020年3月6日[金]より全国公開
© 2020『Fukushima 50』製作委員会

映画『Fukushima 50』公式サイト fukushima50.jp
『Fukushima 50』佐藤浩市、東日本大震災は「絶対に忘れてはいけないこと」
佐藤浩市主演×若松節朗監督『Fukushima 50』3.11最前線で戦い続けた者を描く
映画『遺体 ~明日への十日間~』で知る東日本大震災

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で