左から森七菜、新海監督、上白石萌音

新海誠監督『すずめの戸締まり』三つのキーワードを語る

ニュース

新海誠監督『すずめの戸締まり』三つのキーワードを語る

新海誠監督の最新作となる映画『すずめの戸締まり』の製作発表会見が12月15日、都内のホテルにて開催された。歴代ヒロインの上白石萌音と森七菜も駆けつけた。なお、新作のヒロイン役はオーディションで決める予定だという。

映画『すずめの戸締まり』ティザービジュアル
映画『すずめの戸締まり』ティザービジュアル
©2022 「すずめの戸締まり」製作委員会

映画「天気の子』から三年!となる本作は、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる扉を閉めていく少女・鈴芽(すずめ)の解放と成長を描くロードムービー。映画の公開は来年の秋を予定している。

新海監督は「今の時点ではお話できないことも多いのですが、三つのキーワードをお伝えします。日本各地をめぐるロードムービーであること、扉を開く物語ではなく扉を閉じていく物語であること、そして映画館に足を運ぶ理由となりえる作品だということです」と述べた。これまでの作品への反応のひとつとして、「自分の街を舞台にした作品を作って欲しい」という願いが多く届いたそうで、そうした声にこたえるべく、日本各地を巡ることとし「今回はちょっと欲張りました」と微笑むのだった。

左から森七菜、新海監督、上白石萌音
左から森七菜、新海監督、上白石萌音

この物語は扉を閉めることが発想の起点だという。「何かを始めることよりも何かを終わらせることのほうが難しいもの。少子高齢化のこの国では、生活の中でも終わらせること=閉じていくことが難しいと感じるようになりました」。そこから「一つ一つの散らかってしまったものをまとめていく、そこから本当に新しい場所を見つける物語にしたいと考えました。そういうものをお客さまは求めているのではないかと考えました。さまざまな扉をお楽しみください」とアピール。

さらに「最近は配信が多いですけれども、映画館における人間の持つ特別な能力は、何かを想像したり物語に没入したりすることだと思っています。それを映画館で体験してもらいたいのです」と前述の三点について説明した。

ヒロインのすずめ役はオーディションを実施する予定でおり、上白石は「(すずめ役の)オーディションを受けたい!」と本音を吐露したが、新海監督は「オーディションに来られたら自分が緊張するのでやめてください(笑)」と丁重にお断りされた一幕も。
上白石も森も残念そうだったが、これらの流れにより監督から二人に対して、「すずめ役はどういう人がいいと思いますか?」などアイデアをもとめられるという、既に信頼関係があるからこそのやりとりが見受けられた。

森は、「映画『天気の子』の3年前は、私は大分から上京したばかりでした」と月日を振り返りつつ、この会見では「(本作で)私が見た魅力をお伝えできればと思います!」とチャーミングな笑顔を見せた。そして「新海さんのVコンテを見られました。これまでもですけど、このゾクゾクや自分でもわからない鳥肌の立ち方が、自分のわからないところで(感情を)動かされている感じです。新海さんと一緒にいると毎日、鳥肌が立つことが多いです」と独自の体験を言葉にした。

映画『すずめの戸締まり』
©2022 「すずめの戸締まり」製作委員会

上白石は、「Vコンテは色もほぼついていなくて、鉛筆書きでコマ送りになっていて、新海さんの声が入ったものです。完成からはほど遠いのですけど、その骨組みだけでも、純粋にストーリーに魅力がありました。新海イズムがありつつ、新しい扉を開いた感じを受けました。仕事へ行く前に鍵を閉める動作を真似するようになって、日常を一緒にするお守りのような作品になると思いました」と新作のテーマに絡めて、完成への期待を寄せつつ瞳を輝かせていた。

現在は「鋭意制作中」という本作だが、上白石と森のコメントを聞いた新海監督が「励まされました!」とにっこり。映画『君の名は』『天気の子』と新作の「世界戦はつながってはいません」という新海監督作ファンへのメッセージも交えつつ、「たくさんの人を代表して、僕がここに立たせてもらいました。(映画を)多くの方にご覧いただきたいです。本日はありがとうございました」と締めくくった。

新海誠監督『天気の子』ビデオコンテを語る
新海誠監督の新作映画『君の名は。』声優に神木隆之介と上白石萌音
<新海誠監督>映画『言の葉の庭』で「踏み止まるわけにはいかない」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で