ミラ・ジョヴォヴィッチが夫と来日し自信作『三銃士』をPR

映画会見/イベントレポート

ミラ・ジョヴォヴィッチが夫と来日し自信作『三銃士』をPR

[シネママニエラ]10月23日、映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の来日”空中”記者会見に、キャストのミラ・ジョヴォヴィッチ、ローガン・ラーマン、ガブリエラ・ワイルド、そしてポールW・S・アンダーソン監督が登壇した。

ミラ・ジョヴォヴィッチが夫と来日し自信作『三銃士』をPR
美女の2ショット!ガブリエラ・ワイルド(左)とミラ・ジョヴォヴィッチ

この日は、日本語吹替版でダルタニアンのCVを担当した溝端淳平が、特別ゲストとして登場。歓迎プレゼントとして、CGの飛行船を合成した特殊映像が映し出されると来日したご一行が大興奮! 特にミラは、「ガブリエラ、危ないわよ!」と言いながら、飛行船に軽くキックをしてみせるなど、大はしゃぎ。

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』情報

同作はアレクサンドル・デュマの原作を、映画『バイオハザード』シリーズを人気作に育てあげたアンダーソン監督が新解釈した3D超大作。漫画やアニメが大好きな監督は、「本作では、日本のアニメ「宇宙戦艦ヤマト」「オーディーン 光子帆船スターライト」といった宇宙を飛行する船にインスパイアされた。制作が本当に楽しかったから、続編もぜひ作りたいな」と、既に続編を構想している様子。

劇中、ゴージャスな衣裳を着て、アクションに挑んだミラは、「毎日少しずつコルセットをきつく巻いて、ペチコートを増やして、トレーニングを積んだわ。スープばかり飲んでしまうぐらい、コルセットがきついの」と述べると、(実生活でミラの)夫である監督からは「おかげでケータリングが安くなったよ」と、夫婦漫才のようなやりとりで取材陣を笑わせた。

そしてミラは同作の見所を「自分を含めて現代に生きる女性たちはミレディに共感できると思うわ。男性が強かった17世紀にベストをつくす。だからその時代にもしも自分がいたら、同じことをしていると思うの。ダルタニアンと三銃士が出会い、大決戦を繰り広げるシーンは見ものよ。剣と剣の火花は本物ですごくリアルなの。それまでみんなトレーニングをしていたのでぜひ見てほしいわ」と語った。

大抜擢されて、ダルタニアンを演じたローガンは、「ロシュフォール(マッツ・ミケルセン)とダルタニアンが15センチ幅の屋根の上で闘うシーンがお気に入りなんだ。撮影前から何ヶ月間もフェンシングの練習をしたよ。正確性が求められたからすごく大変だった。でも、(完成作を観て)その努力が報われたと思ったよ」と初々しいコメント。王妃の侍女・コンスタンスを演じたガブリエラは、「衣裳を身に付け、世界遺産でロケをしたことで、すぐに役に入り込むことができました。ダルタニアンは今まで会ったことのない男性で、彼女は好奇心を覚えます。彼の若さ、そして勇気があること、それに人生を楽しんでいるところがいいと思います」と語った。

原題=The Three Musketeers
日本公開=2011年10月28日
配給=ギャガ
©2011 Constantin Film Produktion GmbH, NEF Productions, S.A.S., and New Legacy Film Ltd. All rights reserved.

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D&2Dブルーレイセット Blu-raをAmazonで購入する
地獄生まれ地球育ち!ヘルボーイの敵はブラッドクイーン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で