映画『インポッシブル』のナオミ・ワッツが凄い!

アカデミー賞 ニュース
映画『インポッシブル』のナオミ・ワッツ
©2012 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

[シネママニエラ] 映画『永遠のこどもたち』でアカデミー賞外国語映画賞ノミネート、ゴヤ賞14部門ノミネート、7部門受賞したJ・A・バヨナ監督によって奇跡の実話を実写化。映画『インポッシブル』は、2004年のスマトラ島沖地震に遭遇し、離れ離れになりながらも再会を信じて生き抜いたある家族と、彼らを取り巻く人々を描いている。

本作のロンドンプレミアでは、アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット夫妻も観賞。アンジェリーナ・ジョリーは「ユアンのそれは演技という枠を超えている」と評し、夫ブラッド・ピットとともに本作を観て号泣したことを明かした。そして、ここ日本でも、第25回東京国際映画祭ではWORLD CINEMA部門にて招待上映された。その上映後にはFacebookやTwitterなどで「ほぼ全編泣きっぱなし」「ラストまで微動だにできなかった」「ナオミ・ワッツがとにかく凄い」「ただただ圧倒された」といった、大絶賛のコメントが並んだほど。

スクリーンにあふれる力強い生命の輝き、その計り知れぬ可能性と圧倒的なパワーに誰もが言葉を失い、勇気付けられる作品になっている。

映画『インポッシブル』ストーリー

2004年末。マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)の夫婦は、バカンスに3人の息子を連れてタイに出かけ、リゾートを楽しんでいた。しかしクリスマスの翌日、突如大災害に見舞われる。楽しい思い出になるはずの場所が一転、悲惨な状況に変貌したのだ。そんな中、離ればなれになった家族は、必ず再会できると信じ、それぞれの一歩を踏み出し始める。

映画『インポッシブル』特報

2013/2/20up

原題=THE IMPOSSIBLE
日本公開=2013年6月14日
配給=プレシディオ
公式サイト http://www.impossible-movie.jp/
©2012 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00JZO5H78″ locale=”JP” title=”インポッシブル DVD”]

[amazonjs asin=”B00E8F44O6″ locale=”JP” title=”インポッシブル スチールブック仕様 【4,000個 初回数量限定生産】 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で