ホドロフスキー来日『リアリティのダンス』プレミアで癒やしのタロット?!

ニュース 映画予告編 溺愛×偏愛シネマ
アレハンドロ・ホドロフスキー
写真:西岡浩記

[シネママニエラ]アレハンドロ・ホドロフスキー監督が来日し、東京・新橋のヤクルトホールにて行われた新作映画『リアリティのダンス』プレミア上映イベントに出席。タロットカードの研究者としても知られるホドロフスキー監督は観客からの悩み相談に応じて、監督の持つエネルギッシュな魅力が十二分に伝わるイベントとなった。

生まれ故郷チリの田舎町で撮影された自伝的作品とあって、上映後、全身白でコーディネートしたホドロフスキーが颯爽と現れると、場内には割れんばかりの拍手と歓声が飛んだ。ホドロフスキー監督は「私は観客の感動を呼ぶためでなく、一人一人がそれぞれの方法で反応してくれればいいと思って映画を作ってきました。ですが、今日この『リアリティのダンス』にみなさんがとてもよろこんでくれたことはまるで奇跡のようなことです」と感謝を述べた。

監督の息子であるブロンティス・ホドロフスキーが少年の父役を演じるほか、アダンやクリストバルといったホドロフスキーの息子たちが出演し、妻のパスカルも衣装デザインとして参加している。監督は自分の息子に父親役を演じさせたことを「不思議なことでした。わたしは自分の父親を思い、いたたまれない気持ちになりました。息子の中の、父を憎むという得難い経験をしたのです」と、この撮影自体がホドロフスキー一家の再生と癒しの物語であることを強調した。

また、現代社会全体の問題である「人は家族にどう向きあっていけばいいか」という質問に対して監督は「その深い質問には、分厚い本でないと説明できない(笑)。わたしはサイコマジックという心理セラピーで家族を分析する『Psicomagia』という本を書きました。それは、自分の祖父母の代まで研究することで自身を癒やすという内容です。ですが、この『リアリティのダンス』では、芸術的なかたちでそのメソッドを昇華させるように作りました」と語った。

続いて、タロットカードの研究者としても知られるホドロフスキー監督が会場の観客からの悩み相談に答えることに。仮面をかぶった22名が、ホドロフスキー自身が古いマルセイユ・タロットを復刻してデザインした特大タロットを抱え「人間タロットカード」として舞台に登場した。「幼稚園の先生になりたいのですが、レポートの締切が4日後なのにまだ書けていないんです。私は職業に就けるでしょうか?」という女性からの相談には「何を占ったらいいんだ? 自分がなりたいと思っている職業なら、なぜ勉強しない?」とタロットを引く前に一喝。

首に痛みがあり、どんなセラピーを受けても治らないというペルー生まれの青年が登場。ホドロフスキー監督は、彼が選んだカードとともに生い立ちを質問していくなかで、お母さんの不在やわだかまりによる痛みではないかと分析し、客席にスペイン語の歌を歌える人はいないか呼びかけた。ひとりの女性が舞台に招かれると、監督は彼女に彼の首元でスペイン語の子守唄を歌わせる。笑いと緊張が交錯する不思議な空気に包まれ観客が固唾をのむなか、彼がひいた次のカードを見た監督は「賢くなって。ペルーに帰ってしまった、お母さんに会いに行ってください。そうすれば首の痛みはなくなります」と励ました。

映画『リアリティのダンス』2014年7月12日より、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開。
アレハンドロ・ホドロフスキーが出演するドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』は2014年6月14日より、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開。

R15+
2013年 チリ・フランス映画/130分
原題=La danza de la realidad
英題=THE DANCE OF REALITY
日本公開=2014年7月12日
配給=アップリンク
公式サイト http://www.uplink.co.jp/dance/
©“LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE 2013

[amazonjs asin=”B00UA15O3C” locale=”JP” title=”ホドロフスキーのDUNE/リアリティのダンス 初回生産限定版 Blu-ray BOX”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で