トム・ハーディ、コミコン2018参加「ヴェノムのルックスが好き」



俳優トム・ハーディが現地時間7月21日、祭典コミコン・インターナショナル・サンディエゴに参加し主演映画『ヴェノム』(原題 Venom )について「ヴェノムはほぼ二役だし、ヴェノムのルックスが好き」などと語った。現地レポートをお届け!

『ヴェノム』コミコン2018レポート
トム・ハーディ、コミコン2018参加
©&TM 2018 MARVEL

エディ・ブロック演じたトム・ハーディはこれが初のパネル登壇。共演のリズ・アーメッド、そしてルーベン・フライシャー監督とともに現れると、“We are Venom!(俺たちはヴェノムだ!)”の熱いファン・コールに迎えられた。このプレゼンテーションでは、新映像も披露。そこに新たに登場するキャラクターが敵役で“ライオット”であることも明かされた。

『ヴェノム』コミコン2018レポート
左からリズ・アーメッド、ルーベン・フライシャー監督、トム・ハーディ
©&TM 2018 MARVEL

監督は、「この映画は、情熱を共有する皆さんのために作りました。ヴェノムは他のマーベル作品とは違い、とてもダークで複雑なキャラクターなんです」と語り、主演のトム・ハーディについて「彼以外に、だれが(主人公の)エディ・ブロック役をやることが考えられる?夢がかなったよ!」と興奮のコメント。そしてエディの役柄について、「エディはヴェノムとの相対関係がある複雑なキャラクター。その演技を見事にこなすのを見るのは素晴らしい喜びです」と感激を語りました。

次にトム・ハーディは、「僕にとって、ヴェノムはマーベルの中で最もかっこいいヒーローなんだ」とコメントし、会場は大盛り上がりに。出演理由について、「ヴェノムのルックスが好きだし、息子がヴェノムの大ファンなんだ」と明かしました。そして「ヴェノムはほぼ二役だ。以前『レジェンド 狂気の美学』で双子の役を一人で演じ、その経験を生かそうと思ったけど、今回はVFXを駆使した巨大なモンスターだからね!」と役作りを述べた。

すると監督が、「エディは常に頭の中にヴェノムの声が聞こえていて、自分ではない何かが彼を占領している。同時に、エディは他者との会話もしなければならない。トム・ハーディのその演技や、世界観を作り上げていく様子をモニターで見ているのはとても楽しかったよ!」と補足した。

『ヴェノム』コミコン2018レポート
笑顔のリズ・アーメッドとトム・ハーディ
©&TM 2018 MARVEL

またエディ・ブロックと対峙する、ライフ財団のカールトン・ドレイク社長を演じるリズ・アーメッドは自身の役柄を「天才の億万長者で、ライフ財団を創設した人物。世界は崩壊の危機を迎えており、人間の未来はどうなるのかを案じている。そんな中で、“シンビオート”を発見するんだ。彼自身の観点では、人類にとって正しいことをしようとしている。ただ、何かを成し遂げるには、何かを犠牲にしなければならないんだ」と話す。

そして監督は、「みんなきっとスパイダーマンとヴェノムの対決を心待ちにしていることでしょう」と切り出し、「もし実現したら素晴らしい、いつか二人の道が交差する時が来るかもしれない」と今後の可能性を示唆。

『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが、「一番対決したい相手はヴェノムだ」と公言していることについて、トム・ハーディは「トム・ホランドと対決したいかって? もちろん彼はいい役者だし、スパイダーマンも大好きだ。もちろん受けて立つよ!」と自信たっぷりにコメントした。

映画『ヴェノム』(ソニー・ピクチャーズ 配給)は2018年12月2日[金]より全国公開
©&TM 2018 MARVEL

映画『ヴェノム』あらすじ

誰もが望む、歴史的偉業を発見したライフ財団。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげる。

映画『ヴェノム』予告編


©&TM 2018 MARVEL

映画『ヴェノム』公式サイト http://www.venom-movie.jp/
トム・ハーディ主演!ヴェノム(原題 Venom )

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD