ラストミッション|マックG監督×ケヴィン・コスナー



[シネママニエラ]俳優のケヴィン・コスナーが、映画『ネスト』以来5年ぶり主演を務めるのは、パリが舞台のアクションエンタメ作品。

映画『ラストミッション』日本版ポスター
ケヴィン・コスナー 5年ぶり主演作
©2013 3DTK INC.

【内容】
ベテランCIAエージェントのイーサン・レナーは、任務中に倒れ、医師から余命3か月を宣告される。映画『チャーリーズ・エンジェル』のマックG監督と、映画『TAXi』シリーズや『96時間』シリーズのリュック・ベッソン。

【キャスト】
ケヴィン・コスナー、アンバー・ハード、ヘイリー・スタインフェルド、コニー・ニールセン

映画『ラストミッション』ストーリー

余命宣告されたベテランCIAエージェントのイーサン(ケヴィン・コスナー)は、残された時間を別れた家族と過ごそうとパリに行く。しかし、空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)とは溝が深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が、病に効く試験薬を餌に現役最後の仕事を持ちかけてくる。それは、凶悪で冷徹なテロリストを仕留めなければいけないという史上最高に危険な仕事だった―。

映画『ラストミッション』は、2014年6月21日[土]より新宿バルト9ほかロードショー

映画『ラストミッション』予告編


©2013 3DTK INC.

2014年 アメリカ、フランス、ギリシャ、ロシア合作映画/117分
原題=3 DAYS TO KILL
日本公開=2014年6月21日
配給=ショウゲート
公式サイト http://lastmission.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD