松山ケンイチ訪伊『ノルウェイの森』で賞を獲ると意欲的


松山、トラン・アン・ユン、菊地、水原
松山、トラン・アン・ユン、菊地、水原
©Kazuko Wakayama

[シネママニエラ]9月1日より開催中の第67回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品作である、日本映画『ノルウェイの森』(12月11日、日本公開予定)の記者会見&公式上映に合わせ、トラン・アン・ユン監督、出演の松山ケンイチ、菊地凜子、水原希子、小川真司プロデューサーが揃って現地入り。松山ケンイチは、監督の期待に応え「賞を獲る」と意欲的な発言を残した。

通常、日本映画の場合、日本人記者からの質問が多くなるものだが、本作は例外。同作の記者会見には、約150人の各国取材陣の姿が。イタリア・フランス・スペイン・台湾・中国・香港・韓国など様々な国の記者から、質問が殺到。

松山ケンイチ「今をテーマにしている映画には絶対に出たい」

松山ケンイチら訪伊
水原、菊地、松山、トラン・アンユン
©Kazuko Wakayama

原作は村上春樹の同名小説で、主人公のワタナベの喪失と再生を描いた究極の恋愛物語。ワタナベを演じた松山は、初の三大映画祭体験となるも、「ヨーロッパに来るのは初めてで、楽しみにしてきました。「ノルウェイの森」は日本を代表する小説。この国際映画祭には、日本を代表する気持ちで臨んでいます。映画化が難しいといわれていて、世界中の人々が待ちわびていた作品に出演できたことが嬉しく、また気持ちが引き締まります。そのため今回は観光のことは考えず、ぜひ賞を獲りたいと思っています!」と、意欲的に表明する場面も。

[参考]日本人俳優の主演男優賞は、映画『赤ひげ』の故・三船敏郎以来、45年ぶり。
[参考]日本映画の金獅子賞(グランプリ)は、北野武監督の映画『HANA-BI』以来、13年ぶり。

メガホンを執ったトラン・アン・ユン監督も同映画祭に同じ気持ちで臨んでいるようで、「観光ではなく賞を獲りに来ました。ヴェネツィア国際映画祭では、過去に作品『シクロ』で金獅子賞を頂きましたが、過去は過去。今回も最高賞を目指します。それに今回はキャストが素晴らしい仕事をしていますので、男優賞、女優賞など、演技に関する賞が取れたら、とても嬉しいです」と心情を明かした。

公式上映の会場はほぼ満席。エンドロールにて主題歌のザ・ビートルズ「ノルウェーの森」が流れると、スタンディングオベーションが起こり、エンディング途中から場内が明るくなり、そのまま数分間、拍手が鳴りやまず。その反応に対し、松山と監督はがっちりと握手。受賞発表は日本時間9月12日。朗報を期待したい!

日本公開=2010年12月11日
配給=東宝
公式サイト http://www.norway-mori.com/
公式Twitter=http://twitter.com/norway_mori2010
(ハッシュタグ=#norway1211 )
©Kazuko Wakayama

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD