松山ケンイチ「今をテーマにしている映画には絶対に出たい」と『家路』を語る



映画『家路』初日舞台あいさつ[シネママニエラ]映画『家路』の初日舞台あいさつが3月1日、初回上映後に行われ、主演の松山ケンイチ、田中裕子、安藤サクラ、内野聖陽、久保田直監督らが登壇し、作品を鑑賞し終えた観客に向けて撮影秘話や映画に込める熱い想いなどを語った。

本作は、福島を舞台に3月11日以後、故郷を失った家族の再生を描いた物語。久しぶりに家族の役を演じた出演者が一同に介し、終始笑顔の絶えない明るく進行。本作が2年ぶりの主演映画となる松山ケンイチは「映画は自分にとってホーム。時代劇でもリメイクでもない、“今”をテーマにしている映画には絶対に出たいという気持ちがあった。思い入れのある作品で無事初日を迎えられて幸せです」と笑顔。

松山ケンイチ『家路』は「ものすごく前向きな作品」

共演の田中が「撮影をさせていただいた福島に、感謝の気持ちでいっぱいです」、安藤は「何もかもを忘れてしまうくらい、撮影中地元の方と触れ合ったことが楽しかった」と福島県で撮影したあたたかい思い出を語った。松山が演じた次郎の兄を演じた内野も「みなさんの心にどうこの作品が届いたのか気になります。この映画で感じたことを持ち帰ってもらえたら嬉しい」と語りかけていた。

久保田監督は「初監督作品で、この素晴らしいキャストで映画を作れたことがうれしいです」と感無量の様子。そして「企画から完成まで何度も挫折しかけましたが、どうしても撮影は福島県で、という気持ちがありました。何度か福島に通う中で、圧倒的な自然や人々の温かさに触れ撮影地はここで!と決めました。これからこの映画がどう育っていくのか楽しみです」と熱い思いをにじませていた。


©2014『家路』製作委員会 WOWOWFILMS

日本公開=2014年3月1日
配給=ビターズ・エンド
公式サイト http://www.bitters.co.jp/ieji/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD