『ウォール・ストリート』初登場首位!【予告編付き9月26日全米トップ10】



[シネママニエラ]1987年に米国で公開された『ウォール街』(原題:Wall Street)の続編で、監督オリバー・ストーンとマイケル・ダグラスが再タッグを組んだ『ウォール・ストリート』(©2010 TWENTIETH CENTURY FOX)が初登場首位になりました。映像革命師のザック・スナイダー監督が、人気児童ファンタジーを基に臨んだ初のアニメ作

品が初登場2位に。そのほかにランキング入りを果たした初登場作品は、ジェイミー・リー・カーティス、シガーニー・ウィーヴァーが出演し、因縁対決を描くコメディがあります。

映画『ウォール・ストリート』(オリヴァー・ストーン監督)
映画『ウォール・ストリート』(オリヴァー・ストーン監督)
©2010 TWENTIETH CENTURY FOX

1.『ウォール・ストリート』
[Wall Street: Money Never Sleeps] (Fox) 初登場/NEW [3,565 館]

世界の金融マーケットの中心地ニューヨークを舞台に、非情なマネー・ゲームの行方を描いた『ウォール街』の続編。その監督オリバー・ストーンとマイケル・ダグラスが再タッグ。本作の共演がきっかけで交際に発展したシャイア・ラブーフとキャリー・マリガンにも注目が集まっています。
8年の刑期を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)が出所した。ところが、ゲッコーの一人娘であるウィニー(キャリー・マリガン)は、父と距離を置こうとしており、トレーダーの彼氏、ジェイク・ムーア(シャイア・ラブーフ)に夢中。

【関連】
来日された、オリヴァー・ストーン監督に映画『ウォール・ストリート』についてお話を伺いました

日本公開=2011年1月28日
配給=20世紀フォックス
公式サイト
©2010 TWENTIETH CENTURY FOX

2.『ガフールの伝説』
[Legend Of The Guardians: The Owls] (Warner Bros) 初登場/NEW [3,575 館]

『ガフールの伝説』予告編(監督の解説付き)

米作家キャスリン・ラスキーによるファンタジー冒険小説「ガフールの勇者たち」を、映画『300 スリーハンドレッド』のザック・スナイダー監督が映像化した、フクロウが主役の冒険譚。映像革命師な監督だけに圧巻の映像美で、ファミリー映画としても良くできています。オリジナル版の声のキャストは、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘレン・ミレン、ジェフリー・ラッシュ、デヴィッド・ウェンハム。主人公ソーレンの妹エグランタインの声&キャラクターが激カワ。日本語吹替版の主演は市原隼人。

日本公開=2010年10月1日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
©2010 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED.

3. 『ザ・タウン』
[The Town] (Warner Bros) 公開 2週目 [2,885 館]

※ 『ザ・タウン』の内容は、(9/19全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年月日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND

4. 『イージー・A(原題)』
[Easy A] (Screen Gems/Sony) 公開 2週目 [2,856 館]

※ 『イージー・A(原題)』の内容は、(9/19全米興行トップ10)にて

5.『ユー・アゲイン(原題)』
[You Again] (Disney) 初登場/NEW  [2,548 館]

『ユー・アゲイン』予告編

映画『アメリカン・ピーチパイ』のアンディ・フィックマン監督によるコメディ。クリステン・ベル、ジェイミー・リー・カーティス、シガーニー・ウィーヴァーが出演する、女同士の戦い描く。
兄ウィルの結婚式のために帰郷したマーニ。だが、兄嫁となるのは、自身の高校時代のライヴァル(というよりいじめっ子)ジョアンナだった。しかもマーニの母ゲイルとジョアンナの伯母ラモーナも同じような関係だったことから……。母と妹はウィルの結婚式を阻止しようと奮闘する。

6.『デビル』
[Devil] (Universal) 公開 2週目 [2,811 館]

※ 『デビル』の内容は、(9/19全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年7月16日
配給=東宝東和
公式サイト http://devil-movie.jp/
[2011/6/18情報更新]

7.『バイオハザードIV アフターライフ』
[Resident Evil: Afterlife 3D] (Screen Gems/Sony) 公開 3週目 [2,642 館]

『バイオハザードIV アフターライフ』の内容は、(9/12全米興行トップ10)にて

【関連記事】
『バイオハザードIV アフターライフ』来日記者会見
『バイオハザードIV アフターライフ』ワールドプレミア開催(静止画&動画)

日本公開=2010年9月10日
配給=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

8.『アルファ&オメガ(原題)』
[Alpha & Omega] (Lionsgate) 公開 2週目 [2,625 館]

※ 『アルファ&オメガ』の内容は、(9/19全米興行トップ10)にて

9.『テイカーズ』
[Takers] (Screen Gems/Sony) 公開 5週目 [1,413 館]

『テイカーズ』の内容は、(8/29全米興行トップ10)にて

日本公開=2010年
配給=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト


10.『インセプション』
[Inception] (Warner Bros) 公開 11週目 [907 館]

『インセプション』の内容は、来日会見「6割は手持ちカメラ」のアナログ撮影だったにて

日本公開=2010年7月23日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://www.inceptionmovie.jp/

※数字は(http://boxofficemojo.com/ )より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD