佐藤健「女装は似合わない」との自己分析を語る

映画会見/イベントレポート

佐藤健「女装は似合わない」との自己分析を語る[シネママニエラ]俳優の佐藤健が8月19日、横浜のランドマークホールで写真集「ALTERNATIVE」とDVD「たけてれDVD vol.1」の発売を記念して、約500人のファンの前でトークイベントを行った。その後、報道陣の前に立った佐藤は「ファンのみなさんから元気をもらった」と充実の表情を見せていた。イベントの模様は8月27日のUSTREAM番組「たけてれ」で配信予定。

佐藤健のサプライズ!

イベントの冒頭で2部作映画の前編『るろうに剣心 京都大火編』の動員が254万人、興行収入が32億を超えたことが発表されると、佐藤は改めて感謝の言葉を述べた。そして所属事務所の先輩でもある福山雅治との共演について「剣心より強い人ですからね、120%で挑む相手ですから撮影は過酷で大変でしたよ」と振り返った。ちなみに福山と佐藤が交わした約束のうち、まだ実現していないこととして女優の深津絵里との食事会と、福山との飲み会の2つを明かした。

約3年ぶりの写真集は、『るろうに剣心』撮了後の「自分へのご褒美として、野生動物を見たくて出かけた」という南アフリカの地でも撮影。「海外に行くとリラックスできますよね。南アフリカはとにかく風が気持ちいい。一度は行ってみたほうがいいと思う」などお気に入りの様子。アフリカ・ケーパー・ホワイト(Belenois aurota)に囲まれた1枚の写真に「ちょうど渡り鳥の蝶々版に遭遇したんです、本当はワニが生息している場所なので車外禁止ですけど、特別に」と撮影秘話を語った。

そして、もともと「キメ顔の写真は得意ではない」と吐露し、アフリカ以外の写真は隠し撮りに近い状態だったとか。通常隠し撮りは望ましくないが「きれいに撮ってもらえば」と譲歩し「ひどい顔をしているものはボツにしましたから」とお茶目に打ち明けた。さらに「今までの写真集の中でも今回のが一番好き」とも語っただけに、記者の質問に答えながら写真集の全ページを披露しかかる場面も。特に「ゾウ、キリン、チーターと一緒の写真がお気に入り」だそう。

イベントは「ちょいハピ発表」や「たけるの顔に落書き」コーナーを実施。『るろう~』共演者の神木隆之介を筆頭に、「たけてれDVD vol.1」のジャケット写真への落書き(額に肉、ぽっちゃり変身、仮面系、猫、ライオン、キャッツといった動物系)が続々と大スクリーンに投射。佐藤は「センス爆発でしたね。いじりたくなる顔ということは俳優としてはありがたいこと。いろいろな表情を持てるということですもんね」とポジティブに解釈。しかしエリザベート風女装の時だけは「僕女装は似合わないんです、頬がふっくらしていないから」と自己分析。投稿されたその落書きは頬の部分が髪の毛で隠すように描かれており、「この方はポイントをわかってらっしゃる」と称えていた。

[amazonjs asin=”4838726406″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”佐藤健写真集 ALTERNATIVE”]
■「佐藤健写真集 ALTERNATIVE」発売中
著作=TOMMY撮影/マガジンハウス編

■初回限定盤「たけてれDVD vol.1」はアスマート( http://www.asmart.jp/ )にて発売中。
発売元:株式会社アミューズ/販売元:アミューズソフト

佐藤健「3年ぶり写真集ALTERNATIVEはきれいな隠し撮り!」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で