ノーラン監督『インターステラー』での野望を明かす



[シネママニエラ]情報を完全にクローズし続けてきた超秘密主義のクリストファー・ノーラン監督が最新作『インターステラー』について、重い口をようやく開いた。あわせて日本版の予告編も到着したのでお届けしよう!

映画『インターステラー』
映画『インターステラー』より
©2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ノーラン監督「映画の黄金時代を取り戻したい」

本件企画について「弟のジョナサンが手掛けた脚本は、マシュー・マコノヒー演じる素晴らしいキャラクターと彼の家族、そして考えつく限り一番壮大な旅を描いている。彼らのミッションをリアリティに満ちたものにするべく、多くの革新的技術、そして異なる技術を組み合わせた」と語る。

しかし「それが何なのかはお伝え出来ない」と、やはりつれない。でも、それは観ることが最大の体験になるようにとの監督の配慮であると受け止めよう。

「皆さんには映画を見に行って、驚いてほしいから(笑)。幼い頃、ロンドンのレスター・スクエアにある映画館の大きいスクリーンで、父と一緒に『2001年宇宙の旅』を見た。とても印象に残っている経験だ。本作では、同じようなスケールの作品をお届したいという野望があった。子供たちとその両親と一緒に見に行ってほしい。ぜひ巨大なスクリーンで、体感してほしい。それが、私がこの作品に込めた思いだ」と熱いコメントを寄せた。

それは、明日か10年後か、現実に起こりうる遠くない未来。世界的な食糧飢饉、劇的な環境変化によって、地球の寿命は尽きかけていた。生きて帰れるか分からない、重大な使命を担う壮大な旅に選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男と数少ないクルーのみ。彼らは、居住可能な新たな惑星を探す為、前人未到の未開の地へと旅立つ。

観客は主人公と共に、想像を絶する興奮と感動を体験することになるはずだ。

映画『インターステラー』は、2014年11月22日[土]より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

映画『インターステラー』予告編

原題=INTERSTELLAR
全米公開=2014年11月7日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://www.interstellar-movie.jp/
©2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD