BUMP OF CHICKENが映画『寄生獣』主題歌を語る

フォトギャラリー 映画会見/イベントレポート 東京国際映画祭

映画『寄生獣』ワールドプレミア舞台あいさつ[シネママニエラ]第27回東京国際映画のクロージング作品『寄生獣』がワールドプレミア上映され、完成披露試写会も兼ねた舞台あいさつが10月30日、東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。この日は、主演の染谷将太、橋本愛、深津絵里、東出昌大、そして山崎貴監督が登壇し、また本作の主題歌「パレード」を書き下ろした4人組ロックバンドのBUMP OF CHICKENもサプライズで登場し大歓声を浴びた。

染谷将太『寄生獣』で「僕の顔も割れないかな」

山崎監督の『三丁目~』シリーズからの縁というBUMP OF CHICKEN。発注時期はギリギリのタイミングだったそうで、「彼らもいろいろと忙しいところ無理を言って、友達枠でなんとかねじこんだ感じ(苦笑)」と語るほど、タイトなスケジュールで完成させたことが語られた。それには監督の思惑が。「『三丁目~』ではやわらかな印象の楽曲をお願いしたけれども、彼らの本来の持ち味は生々しさとかヒリヒリ感にあると思っていた。本作では、映画に寄り添っていながらも、別の方向から照射していた」と大絶賛だ。

Voの藤原基央は「監督から『今、寄生獣を撮っている』と話を伺っていて、メンバー全員でワクワクしていたら、しばらくして主題歌のオファーをいただいてびっくりした。(原作は)10代のころからみんなで語り合った作品なのでうれしかった」と語る。直井由文が明かしたのは、「昨日も山崎監督と仕事していたんですけど、そのときに『明日は緊張したBUMP OF CHICKENが見られるぞ~』と」はりきっていたそうで、監督のいたずらっ子な素顔もちらり。

山崎監督は映画『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』2作が続けて国内興行収入80億円を超えているヒットメーカー。「エンタメ感覚で軽い気持ちで観ていただいて、深いところに触れてほしい」と、本作の根底にある哲学的なテーマに自信を見せていた。

映画『寄生獣』は、人間に寄生し擬態し、人間を捕食する新種の寄生生物が出現したことで、人間が食物連鎖の頂点に立つ時代は突然終わった世の中。高校生の泉新一と、彼の右手に寄生したミギーによる奇妙な友情と戦いの物語。登壇者のほかに北村一輝、大森南朋、余貴美子、ピエール瀧、新井浩文、國村隼、浅野忠信、阿部サダヲが出演している。

こちらの記事は速報です。

映画『寄生獣』は、2014年11月29日[土]より全国東宝系にてロードショー

2014年 日本映画/109分
英題=PARASYTE
日本公開=2014年11月29日
ワールドプレミア=2014年10月30日
配給=東宝
公式サイト http://www.kiseiju.com/
©映画「寄生獣」製作委員会

[amazonjs asin=”B00SYMH7I4″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”寄生獣 Blu-ray 通常版”]

[amazonjs asin=”B00ORK2C8C” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS 2014(初回限定盤)【先着特典付】 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で