第11回東京フィルメックス(11月20日から11月28日)が開幕!

映画会見/イベントレポート

東京フィルメックス2010(第11回)開幕式[シネママニエラ]11月20日、世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭である、第11回東京フィルメックス[TOKYO FILMeX 2010]が開幕しました。

14時から東京国際フォーラムにて開会式が催され、続いてオープニング作品『ブンミおじさんの森』が上映されました。同作は、タイの鬼才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督による、今年のカンヌ映画祭パルムドール作品。なおタイ映画史上、初のパルムドール作品となりました。カンヌの審査員長だったティム・バートンが絶賛しており、本映画祭での前売り券は即完売し、この日は、当日券も発売されました。

コンペティション部門には、アジア圏の新進監督らの傑作10本が選考対象となっています。日本からは、想田和弘監督の新作『Peace』と、内田伸輝監督の『ふゆの獣』の2作がエントリー。

コンペティション部門の審査員を代表して、ウルリッヒ・グレゴール審査委員長より、ご挨拶がありました。
「映画祭の発展を見守ってきた立場として、今この場にこのように居られることを光栄に思います。映画作家や映画批評家と深い友情で結ばれるような場」であり、なおも続けて「今年もすばらしい発見があることでしょう。(本映画祭の)審査員のみなさんと映画についての話し合いの場がもてることを楽しみにしております。この議論はとても面白くなると思います。映画を観ることも重要ですが、その後に話しあうことも大切なことです。たくさんの意見に耳を傾けたいと思います」

審査員は、こちらの方々。

ウルリッヒ・グレゴール(ベルリン映画祭フォーラム部門創設者)
アピチャッポン・ウィーラセタクン(映画監督)
ニン・イン(映画監督)
白鳥あかね(脚本家・スクリプター)
リー・チョクトー(香港映画祭アーティスティック・ディレクター)

世界が最も注目する作品をいち早く観られる機会です。どのような作品が上映されるのか、ぜひ、公式サイトでチェックしてみてください。

会期=2010年11月20日から11月28日
公式サイト http://filmex.net/2010/

[amazonjs asin=”B005APQG6C” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ブンミおじさんの森 スペシャル・エディション DVD”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で