映画『トゥモローランド』(ブラッド・バード監督)最新情報を更新中



シド・ミードによる映画『トゥモローランド』コンセプトアート[シネママニエラ]ウォルト・ディズニーが遺したという最大の謎にして最高のプロジェクトとなる映画『トゥモローランド』のコンセプトアートが到着。その流線的なデザインはディズニーランドのテーマパークの1つとして知られている「トゥモローランド」のよう。このコンセプトアートを描いたのはハリウッドの伝説的デザイナーのシド・ ミード。彼は映画『ブレードランナー』のデザインで注目されて以来、伝説的作品を手がける一方で日本のアニメ『∀ガンダム』の主要なモビルスーツなどのデザインも担当した天才だ。

本企画の発端は、ウォルト・ディズニー社の保管庫に眠っていた「ウォルトの夢」とも言える大量の資料。ウォルト・ディズニーは生前「誰もが世界中で最も素晴らしい場所を夢見て、創造し設計して作り上げることができる。その夢を実現するためには、人の力が必要である」という言葉を遺している。ウォルトは1955年に米カルフォルニアにディズニーランドを作って以降、全世界にテーマパークを造り、晩年は未来都市とも言える実験的未来都市・EPCOT(Experimental Prototype Community of Tomorrowの頭文字を取った造語)も作ろうとしていたという。

本作の監督・脚本ブラッド・バードは、「未来の素晴らしい面と怖い面はなんだったのか? この映画の製作にあたり、未来とはどういうものだったのか?という疑問を掲げることから始めた」と語り、ウォルト・ディズニーが描く未来で起こる出来事に想像を膨らませた事を明かす。さらに、製作と共同脚本を務めるデイモン・リンデロフは、「ウォルト・ディズニー自身は映画には出てこない。だが、このトゥモローランドと呼ばれる謎めいた世界に関わる偉大な人物として引き合いに出される事になる」と、その秘密の1つを明らかに。映画のストーリーや設定は、まだ明かされていないが、このビジュアルからはウォルトが夢見ていた未来都市構想が垣間見え、映画『トゥモローランド』への大きな期待を感じることができる。

果たしてウォルト・ディズニーが「未来」に託した極秘プロジェクトとは何だったのか? ウォルト・ディズニー最大の謎にして最高のプロジェクトの全貌が明らかになるのは6月だ。

アメリカ映画/130分
原題=Tomorrowland(2015) IMDb
日本公開=2015年6月6日[土]
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
©2014 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
©2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.

2015年03月01日 掲載
2015年04月02日 更新[予告編動画|ポスター]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD