犯人vs人質 映画『ハイネケン誘拐の代償』は実話ベース!

ニュース 映画予告編 映画作品情報

映画『ハイネケン誘拐の代償』予告編

実際のハイネケン誘拐事件

1983年、オランダ・アムステルダム。世界有数のビール会社の経営者、アルフレッド・ハイネケンと運転手のアブ・ドーデラーが武装した数名に誘拐される。犯人グループは個人の誘拐としては史上最高額の3,500万ギルダー(現在の日本円に換算すると約23億円)の身代金を要求。

大富豪の誘拐事件はオランダのみならず、世界中の注目を浴び、トップニュースとなった。ハイネケンは3週間後、身代金と引き換えに無傷のまま解放。警察は当初、過激派などの組織的な犯行だと予想していたが、犯人グループは素人の5人の若者だと判明。彼らは逃亡の末に逮捕されるが、身代金の行方は未だ解明されていない。

原題=KIDNAPPING MR. HEINEKEN (2015) IMDb
日本公開=2015年6月13日
日本語字幕=松浦美奈
配給=アスミック・エース
公式サイト http://kidnapping.asmik-ace.co.jp/
© 2014 Informant Europe SPRL, Heineken Finance, LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で