超美系CIAとKGB『コードネーム U.N.C.L.E.』でテロ阻止?

ニュース フォトギャラリー 映画予告編 映画作品情報

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』(ガイ・リッチー監督)
©2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
[シネママニエラ]映画『 コードネーム U.N.C.L.E. 』(原題 The Man from U.N.C.L.E.)は、60年代の超人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督が新たな視点で描くスパイ・サスペンス大作。

【動画】『コードネーム U.N.C.L.E.』特報

本作は東西冷戦の真っただ中、敵同士のCIAエージェントとKGB工作員の二人が国境も政治的背景をも超えて手を組み、世界を巻き込む一大テロ事件を阻止する壮大なストーリー。鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘を守りながら科学者本人を探し出さなければならないという、タイムリミットが迫る中で、核爆弾の大量生産技術が流出する危機から世界を救えるか!?

ダンディで美しい女性には目が無い、CIAのナポレオン・ソロ役には、映画『マン・オブ・スティール』のヘンリー・カビル。真面目で几帳面なKGBのイリヤ・クリヤキン役には映画『ローン・レンジャー』のアーミー・ハマー。ハリウッドを代表するマッチョでセクシーな二人の相棒(コンビ)が誕生!!

映画『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督の作品だけに、スタイリッシュでクールな映像が期待できそう。

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』あらすじ

1960年代前半。東西冷戦の真っただ中に、米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘(アリシア・ヴィキャンデル)だけ。

アメリカ映画/116分
原題=The Man from U.N.C.L.E.(2015) IMDb
全米公開=2015年8月14日
日本公開=2015年11月14日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
©2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

2015年04月08日 掲載
2015年05月15日 更新[日本版ポスター]
2015年08月13日 更新[公開初日]
2015年10月29日 更新[映画本編クリップ]

[amazonjs asin=”B01AK3D4AE” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”コードネームU.N.C.L.E. ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で