実写版シンデレラ役リリー・ジェイムズが笑顔で初来日!羽田でファンサービス

映画会見/イベントレポート

女優リリー・ジェイムズ / Lily James 初来日[シネママニエラ]映画『シンデレラ』の公開に先駆け、シンデレラ役の女優リリー・ジェームズ、ケネス・ブラナー監督が4月6日15時ころ、羽田空港へ到着した。リリー・ジェームズは今回が初来日。監督のケネス・ブラナーは約8年ぶりの来日。

リリー・ジェームズは、JOSEPH(ジョセフ)のスーツで、インナーもジョセフ。靴はCOACH(コーチ)、そしてバッグはLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)という、上質でありながらシンプルなスタイリング。リリーは片袖からちょこんと手を出して手を振ってくれたが、その仕草がキュートで初々しい。

ブラナー監督とともにゲートに現れると、集まったファンから「リリー!」「Welcome to Japan!」といった歓声が次々にあがった。そんな中、奇しくも4月5日がリリーの誕生日ということで、突然の「リリー!ハッピーバースデイ!!」の一言も。日本のファンからのサプライズに大感激の様子のリリー。長旅の疲れも見せず、サインや写真撮影に気さくに応じるだけでなく、満面の笑みでファンに手を振った。

初来日のリリーは「楽しみにしているのは、お寿司を食べることと、時間があれば伝統的な古い建物を見てみたいです」と答えた。また、今回プロモーション期間に行われる豪華絢爛なジャパン・プレミアイベントについては「日本のファンに会えることを楽しみにしています。舞踏会風のプレミアについては、日本のみなさんに楽しんでもらえると思います」とシンデレラスマイルを見せた。今回の来日でふたりは、日本のファンに作品の魅力を伝えるべく、4月7日、8日に行われる記者会見とプレミアイベントに出席する予定。

シンデレラ役のリリー・ジェームズはオーディションで主役を射止めたまさにシンデレラガール!見た目の美しさだけでは務め上げることが出来ない、内面から溢れだすシンデレラ本来の美しさを見事表現しており、その実力は監督やアカデミー賞女優のケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム=カーターも大絶賛するほど。今後の活躍も大いに期待されている女優だ。

映画『シンデレラ』は、2015年4月25日[土]より全国ロードショー

アメリカ映画
原題=CINDERELLA(2015) IMDb
米国公開=2015年3月13日
日本公開=2015年4月25日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト
©2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00S80JQIQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”【Amazon.co.jp限定】シンデレラ MovieNEX ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド (ガラスの靴イヤホンジャックストラップ付)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で