『ふたつの名前を持つ少年』たった一人で生き抜いたユダヤ人少年の感動の実話

ニュース 映画で知る世界 映画予告編 映画作品情報

映画『ふたつの名前を持つ少年』(ペペ・ダンカート監督)
© 2013 Bittersuess Pictures
[シネママニエラ]戦後70年。ユダヤ人少年が過酷な運命を勇敢に生き抜いたという感動の実話を基にした映画『ふたつの名前を持つ少年』が終戦記念日の8月15日より日本公開となる。

ユダヤ人強制住居区から脱走した、8歳の少年の目から観た世界を描くヒューマンドラマ。生き別れになった父との約束を胸に、明日の希望を信じてユレクのたった一人の命の旅は続く。

小さなノーベル賞と言われる「国際アンデルセン賞」を1996年に受賞した、児童文学作家ウーリー・オルレブ著「走れ、走って逃げろ」が物語のベースとなっている。実はオルレブ氏自身、ユダヤ人強制収容所、隠れ家生活の体験者とのこと。

映画『ふたつの名前を持つ少年』あらすじ

1942年、ポーランド。ユダヤ人強制住居区から脱走した8歳の少年スルリックは飢えと寒さで行き倒れとなり、ヤンチック夫人に助けられる。スルリックを匿った夫人は少年が一人でも生き延びられるよう、ポーランド人孤児ユレクとしての偽りの身の上話を覚えこませ、追っ手から逃がす。ユレクは物怖じしない笑顔で、ヤンチック夫人に教えられた通りに嘘の身の上を語り、寝床と食べ物を求めて農村を一軒ずつ訪ね歩く

[スタッフ]
監督=ペペ・ダンカート
原作=ウーリー・オルレブ著「走れ、走って逃げろ」母袋夏生訳(岩波書店)
[キャスト]
アンジェイ・カクツ、カミル・カクツ、ジャネット・ハイン、ライナー・ボック 

ドイツ、フランス映画/108分
原題=RUN BOY RUN(2013)IMDb
日本公開=2015年8月15日
配給=東北新社
公式サイト http://www.futatsunonamae.com/
© 2013 Bittersuess Pictures

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で