イッセー尾形、9年ぶり主演作『先生と迷い猫』10月10日に公開



[シネママニエラ]俳優のイッセー尾形が『太陽』以来9年ぶりとなる主演映画『先生と迷い猫』の予告編が完成した。相手役はタイトル通り、迷い猫のミイを演じた三毛猫のドロップちゃん。両者は個性的かつ圧倒的な存在感を放つベテランと、全編1匹で演じ切る見事な天才女優ぶりを発揮している。

映画『先生と迷い猫』(深川栄洋監督)
©2015「先生と迷い猫」製作委員会

ノンフィクション「迷子のミーちゃん~地域猫と商店街再生のものがたり~」(木附千晶著/扶桑社刊)を原案に、オリジナルキャラクターやストーリーを加えて映画化。主人公の森衣は元中学の校長で、近所でも有名なカタブツでヘンクツなおじいさん。そんな森衣を、その個性的かつ圧倒的な存在感で演じ、唯一無二のキャラクターに作り上げました。もう一人(一匹)の主役、猫のミイを演じるのは、NHK朝ドラ「あまちゃん」で夏さんの飼い猫カツエ役でデビューし「ヨルタモリ」など人気番組にも出演している三毛猫ドロップ。映画『陽だまりの彼女』では猫のエキストラとして出演。本作は代役なしでミイ、ソラ、タマコ、ちひろを、全編1匹で演じ切ったという。

一緒にミイを探す、染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、もたいまさこ、岸本加世子、カンニング竹山ほか、実力ある個性豊かな実力派俳優たちが出演する中、ロケ地の野良猫もカメオ出演! 情緒豊かな伊豆・下田の風景も本作の見所の一つとなっている。

映画『先生と迷い猫』あらすじ

定年退職した校長先生、森衣恭一は、妻に先立たれて一人暮らし。その堅物さと偏屈さから近所では浮いた存在だ。訪ねてくるのは亡き妻・弥生が餌を与え、可愛がっていた三毛猫・ミイと、森衣が趣味で撮りためた写真を、町のホームページの資料に使いたいという市役所の青年・小鹿祥吾だけ。どんなに追い払っても毎日やってきて妻の仏壇の前に座っているミイがある日から、ぱったりと来なくなる。そうなるとなぜか気になっていたところに、妻・弥生が通っていた近所の美容院で、「迷い猫探しています」というポスターを見かける。「タマコ」という名前のその猫のイラストは、ミイにそっくりだった。

イッセー尾形さん(元校長先生の森衣恭一役)

「猫に関わる人々の日常を「色濃く」演じるための、、具体的な演出を一杯して頂きました。一つ挙げると、人は整理整頓して生きてはいない。いろんな思いがまじりあって過ごしている。ですから再現できないほど頭の中を濁らせて演じました。賢い猫でした。とりたてて意思の疎通を図らなくても自分でやってくれました。仏壇の前に座るドロップを嫌そうに横にどかす時、目が合いました。「何?」といった目付き。あ、共演してるなと思いました」

深川栄洋監督

「『60歳のラブレター』ではイッセーさんの特徴の一部しか見せられなかった気がしておりましたので、別なアプローチでイッセーさんと映画作りができたら面白そうだなーと思ってオファーをしました。イッセーさんは野良猫みたいな人です。私は人生の多くの時間、犬を飼っていた犬派でしたが、今回の撮影で猫が大好きになりました。とくにヒロインを演じたドロップは、今まで接したどの女優と比べても負けない魅力の持ち主です。猫との撮影は、ただただ待つ。これのみだとよく分かりました。色んな映画を作ってきましたが、一番コントロールできなかった役者です。でもコントロールしようと思わなければ、こんなに楽しい被写体は無いなーと感じました。その点でもイッセー尾形さんと同じです(笑)」

[スタッフ]
監督=深川栄洋 
脚本=小林弘利 
音楽=平井真美子 撮影=月永雄太 照明=宮尾康史 録音=林大輔 
美術=黒瀧きみえ 装飾=石渡由美 
衣装=白石敦子 ヘアメイク=鷲田知樹 スクリプター=北濱優佳 
音響効果=斎藤昌利 編集=坂東直哉 助監督=菅原丈雄 制作担当=福西良 
原案=木附千晶著「迷子のミーちゃん~地域猫と商店街再生のものがたり」(扶桑社刊)

[キャスト]
イッセー尾形、染谷将太、北乃きい、ピエール瀧 もたいまさこ 岸本加世子

日本映画/107分
日本公開=2015年10月10日
配給=クロックワークス
©2015「先生と迷い猫」製作委員会

公式サイト http://www.sensei-neko.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD