映画『ぼくらの家路』母親を捜す旅を通じて少年は大人に!



映画『ぼくらの家路』( エドワード・ベルガー監督 )
© PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH
[シネママニエラ]映画『ぼくらの家路』( 原題 JACK )は第64回ベルリン映画祭コンペティション部門に出品され、現代のベルリンを舞台に10才と6歳の兄弟が、理不尽な大人たちに振り回されながらも懸命に生き、母親を捜す3日間の旅を通じて、少年が大人になる瞬間を描いた感動作。

映画『ぼくらの家路』予告編

ベルリン国際映画祭でメディアから絶賛されたのは、ドイツ中で半年に渡るジャック役オーディションを経て撮影当時11歳で、これが俳優デビュー作となるイヴォ・ピッツカー。

監督のエドワード・ベルガーは、「最後に予定されていたオーディションにイヴォが飛び込んできた。夕方6時になり、ゆっくりと絶望感に浸り始めた僕達の目が突然覚めたんだ。それからイヴォと4回会い、この役のニュアンスを試してみたけど、僕らはその時、僕らのジャックを見つけたことに気づいていたんだ」と、逸材との出会いについて熱く語る。

ドイツのアカデミー賞であるドイツ映画賞( Deutscher Filmpreis )にて、主要3部門(作品賞、監督賞、脚本賞)にノミネートされた。受賞発表は6月19日。

映画『ぼくらの家路』は、2015年9月19日[土]よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開

映画『ぼくらの家路』あらすじ

10歳のジャックは、朝目覚めると食事の用意をし6歳になる弟のマヌエルの世話をし学校に行く。毎日大忙し。それというのもシングルマザーの母サンナは、恋人との時間や夜遊びを優先し自分のことで大忙しだから。
ところが、ある事件からジャックは施設に預けられることになる。施設になじめず、待ち続けた夏休みようやくが来るが、母から迎えが3日後になると電話が入り、がっかりしたジャックは施設を飛び出す。夜通し歩き続けて家に着くが、母は不在でカギもない。携帯電話は留守番メッセージばかり。弟マヌエルとともに母を捜してベルリン中を駆け回る兄弟。小さな肩を寄せ合う二人は、再び母の腕の中に帰ることが出来るのか。

ドイツ映画/103分
原題=JACK(2014)IMDb
日本公開=2015年9月19日
字幕翻訳=吉川美奈子
配給=ショウゲート
公式サイト http://bokuranoieji.com/
© PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH

[スタッフ]
監督=エドワード・ベルガー
脚本=エドワード・ベルガー& ネル・ ミュラー=ストフェン
製作=ヤン・クルーガー、レネ・ローマート
[キャスト]
イヴォ・ピッツカー、ゲオルグ・アームズ、ルイーズ・ヘイヤー、ネル・ ミュラー=ストフェン、ヴィンセント・レデツキ、ヤコブ・マッチェンツ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD