富士急ハイランド「エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング」セレモニー



[シネママニエラ]『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界観が楽しめる、富士急ハイランドのアトラクション「EVANGELION:WORLD」にて、「エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング」及びエヴァンゲリオン仕様の大型ローラーコースター「エヴァ飛車」がスタートし、オープニングセレモニーには「エヴァンゲリオンレーシング レースクイーン2015」の4名がお祝いに駆けつけた。

富士急ハイランド「エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング」セレモニー
エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング ©カラー© FUJIKYUKO CO.,LTD.&FUJIKYU HIGHLAND. All Rights Reserved.

NAKED Inc.演出の「エヴァンゲリオン」プロジェクションマッピング(略:PM)の長さは、約6分30秒(営業時間中は連続上映)。今作では、エヴァンゲリオンの作中で登場するNERV(ネルフ)の仮想支部・NERV富士急支部を舞台にエヴァンゲリオン初号機と使徒との戦いを描く。

初回上映会の入場時は、レースクイーンとハイタッチした来場者の姿も。高さ約9m、幅約16mの巨大なエヴァンゲリオン初号機胸像に映し出されるオリジナルストーリーに喜びや驚きの声があがった。男性来場者からは「入場前からどのように映しだされるのかワクワクしていた、実際に見たら想像以上のものでした。これまでに見たなかでもクオリティが高く臨場感あふれるプロジェクションマッピングでした」とのコメント。

「エヴァ飛車」は、全長約1,000m、最大落下角度121度のコースを駆け抜ける大型ローラーコースター「高飛車」をエヴァンゲリオン仕様に演出したもの。ライドやホーム、待ち列モニター等がエヴァの世界観に様変わり。初号機デザイン、アニメ放映開始20周年記念ロゴデザインのライドでは葛城ミサト「エヴァ飛車、発進!」の合図が聴けるなど、ファン垂涎の演出がある。入場料など詳細は公式サイトにて。

富士急ハイランド
山梨県富士吉田市新西原5丁目6−1
『EVANGELION:WORLD』サイト
©カラー© FUJIKYUKO CO.,LTD.&FUJIKYU HIGHLAND. All Rights Reserved.

エヴァンゲリオン レーシング

「エヴァンゲリヲン新劇場版」とのタイアップにより生まれた。初号機カラーのレーシングマシンがサーキットを疾走。本年は、鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦。レースクイーンは作品に登場するチルドレンをモデルとしたコスチューム姿で登場する。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD