『新宿スワン』綾野剛のサプライズに観客騒然!「大阪最高!帰りたくない」

映画会見/イベントレポート

映画『新宿スワン』大ヒット御礼舞台挨拶&サプライズ
綾野剛
[シネママニエラ]俳優の綾野剛が主演映画『新宿スワン』の大ヒットを受けて6月7日、自らの発案でサプライズ舞台あいさつと、その上映会のチケットもぎりを大阪の映画館で行った。綾野は「ありがとうございます!」と感謝の言葉を伝えながら、お客様を劇場で迎えた。

園子温×綾野剛『新宿スワン』特報解禁、公開日決定【予告編で先取り映画】

満席の会場からの拍手を浴びながら登壇した綾野は「大阪戻ってきました!大ヒットしているのはみなさんのおかげです。大阪最高!!」と、本作の公開前の地方キャンペーンでも訪れた大阪を再訪できた喜びを述べた。この舞台には、スタッフが用意した大きなくす玉。綾野は「引っ張ってと言わんばかりのくす玉ですね」と、苦笑しつつも、観客と一緒に「新宿スワン!」という掛け声を上げて、くす玉を引っ張ると、“祝『新宿スワン』大ヒット!!”と書かれた垂れ幕が。

5週連続1位の映画『シンデレラ』のV6を今作が阻んだことを問われると、綾野は「ディズニーの映画は観ごたえがあって面白いですよね。今回は『新宿スワン』が一位になりましたが、それは、皆さんに評価していただいたおかげです。それに、『イニシエーション・ラブ』は松田翔太くんの主演作だし、『予告犯』は生田斗真くん。どちらも友人です。仲間で映画を盛り上げている気分になります。一人でも多くの方に、劇場に来て貰えるきっかけになれると嬉しいです」と、映画界への貢献として言及。

そして続編製作の可能性について、「また(主人公の)龍彦が生きることができるのであれば、ぜひと思っています。(大阪ロケは?)なんばスワンとか(笑)。でも素直に大阪スワンでもいいのかもしれませんね。映画がヒットしていれば、続編の可能性も出てくるんです。それが実現するとしたら、それは観客の皆さんがスワンに触れてくれたおかげです。本当にありがとうございます」と、真剣に語った。

そればかりではなくフォトセッションでは「役者だってこのぐらいできますよ(笑)」と自らポスター位置を調整したり、通常は禁止される観客による写真撮影もオーケーにするなど、徹底しておもてなし。また「帰らないでー!」というファンの叫びに対して「俺も帰りたくないよ(笑)」と応答するなど、これまでのクールな綾野剛のイメージを打ち破りサービス精神を発揮した。

日本映画/139分
日本公開=2015年5月30日
配給=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト http://shinjuku-swan.jp/
©2015「新宿スワン」製作委員会

[amazonjs asin=”B0126EQBA0″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”【早期購入特典あり】新宿スワン プレミアム・エディション(ポストカード8枚セット付き) Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で