水樹奈々×神谷浩史×中村悠一 妄想で『ハンガー・ゲーム』結末語る!



声優の中村悠一、水樹奈々、神谷浩史
声優の中村悠一、水樹奈々、神谷浩史
[シネママニエラ]声優の水樹奈々、神谷浩史、中村悠一が吹き替えをつとめる、SFアクション超大作シリーズ『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』の裏話と、同作に続く物語で11月20日に全世界同時公開が決まった最終章『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』の結末について妄想(予想)トークを繰り広げた。

水樹奈々(カットニス役)

「違うゲームになっちゃった!まさかまさかの展開が続いて、1作目、2作目は、大人たちの思惑に踊らされていたカットニスが、ようやく自分の意思で何か行動を起こそうというきっかけになった本作だったので、すごく彼女の内面がたくさん見られたんじゃないかなと思います。2人(ピータとゲイル)との恋模様も最初はゲイルの方にあった気持ちがあれ?もしかしてピータの方に動き始めているのかな?最初は演技だったはずなのが、そこもちょっと今後気になるな。人間味を増したカットニスを演じられたので、演じていて楽しかったです」
「スノー大統領をぶっ倒す!というところに行くと思います。なかなか今は、モニター越しでしか話が出来ていないので、やっぱりあそこに乗り込んで行って、最終的にピータ姫と結ばれて欲しいな。中村さんゴメンナサイ。<ハンガー・ゲーム>のある世界は、若者にとっては、厳しい世界で、貧富の差もあるので、そういうのが無くなるといいな」

神谷浩史(ピータ役)

「翻訳で「声まで変わって!」というカットニスのセリフがあって、これどうしましょうか?原音変わってますか?って監督に聞いたのですが、「変わってないんだけど、雰囲気変えていただいて」と言われました。とんでもない拷問にあってああいうシチュエーションになったのに、ゲイルが「あいつ腑抜けやがって」って言うんです。でも、プロパガンダとして利用されている以上、そういう風に見えていないといけないので・・・実際、ピータは後半になるにつれ、どんどんゲッソリしていくから、オリジナルキャストは相当減量して役作りされたと思うので、覚悟して臨まないといけないなって思いました」
「本作はハードな世界になっているので、完結編はハッピーなものが観たいなという願望があります。戦争は、極論同士のぶつかり合いなので、話し合いで平和に解決しないものかなという想いもあります。ピータ姫と結ばれたら、僕にとっても幸せなエンディングだなと思います」

中村悠一(ゲイル役)

「物理的な距離はすごく近くて、前はバーのモニターでゲームを見守っていた。本作では遂に横に寄り添って、割と長い間一緒にいるんですけど、どうも演じていて、カットニスの気持ちが一切僕に無いんじゃないかなっていう描写が…。昨日の夜、ニコニコ生放送さんで、過去作を放送していただいていたので、観てみたら、ゲイルが画面に映る度に、「あっ、元彼の奴だ」ってコメントが書かれていました。僕自身、いたくショックで、ショックを隠しきれていない状態で今日を迎えています。カットニスの優しさがみえればみえるほど、ゲイルとしては辛いです」
「ピータは助からないのでしょうね。ピータは、開始3分で死んでしまうかもしれないと予想していますね。今からハリウッドに飛べば間に合いませんかね?エンディングがどうなるのかが気になりますが、今の恐怖政治は統制とれるのかなと思うところもあるので、そういうものから全員解放された時に上手くいくのかという疑問もありますが、明るいエンディング観たい」

映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』は公開中

映画『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』あらすじ

ハンガー・ゲーム記念大会の闘技場から救出されたカットニスは壊滅状態となった故郷の惨状を知って胸を痛め、民衆の心をひとつにするための革命のシンボル=“マネシカケス”として、反乱軍を率い独裁国家に立ち向かう事を決意する。

アメリカ映画
原題=THE HUNGER GAMES : MOCKINGJAY ― part1 (2014)imdb
日本公開=2015年6月5日
配給=KADOKAWA
公式サイト http://www.hungergames.jp/
TM&©2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD