『A MOST VIOLENT YEAR』の邦題は『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』



映画『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』(J.C.チャンダー監督)
©2014 PM/IN Finance.LLC.
[シネママニエラ]俳優オスカー・アイザックと女優ジェシカ・チャステインが夫婦を演じた、J・C・チャンダー監督の『 A MOST VIOLENT YEAR(原題) 』の邦題が『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』に決まり、日本版ポスターがメディアに届いた。10月1日より公開となる。

初監督作の映画『マージン・コール』でアカデミー賞ノミネート、次の映画『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』の2作品で、ハリウッドの次世代を担う旗手と称えられるに至ったJ・C・チャンダー監督が、ビジネスの現場で経営者が強いられる壮絶な危機を、圧倒的クオリティと息もつかせぬ緊迫感で描く社会派ヒューマンドラマ。成功こそが正義なのか? 信じた夢を追う先に、男が手にし失ったものとは?

映画『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』あらすじ

犯罪と暴力が氾濫する1981年のニューヨーク。移民のアベルとその妻アナは、オイル業界で珍しく、クリーンなビジネスを信条にオイルカンパニーを築きあげた。事業拡大のために土地購入の頭金として全財産を投入した直後、彼の成功を阻止しようとする何者かの手によって次々にトラブルがのしかかる。積荷のオイルが強奪され、脱税による嫌疑がかかり、家族への脅威も。そんな悪い噂は一気に広まり、ついに銀行から融資を断られ、信頼していた妻との間にも亀裂が。孤立無援のアベルに残された期限は30日。刻一刻と破産が迫るなか、奔走する!

[スタッフ]
製作・監督・脚本=J・C・チャンダー
[キャスト]
オスカー・アイザック、ジェシカ・チャステイン、デヴィッド・オイェロウォ

アメリカ、アラブ首長国連邦合作映画/125分予定
原題=A MOST VIOLENT YEAR(2014)IMDb
日本公開=2015年10月1日
字幕翻訳=
配給=ギャガ
公式サイト http://american-dreamer.gaga.ne.jp/
©2014 PM/IN Finance.LLC.

2015年07月27日 掲載
2015年08月13日 更新[予告編動画]
2015年09月23日 更新[場面写真]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD