ファンキー加藤『サブイボマスク』撮了「濃密で思い出に残る日々」

ニュース 映画予告編 映画作品情報

映画『サブイボマスク』撮了
©サブイボマスク製作委員会
[シネママニエラ]ファンキー加藤の初主演映画『サブイボマスク』がクランクアップした。「間違いなく僕の人生の中で、一番濃密で、一番たくさんのことを学べて、一番プレッシャーがあったけど思い出に残る日々だった」と大分での撮影を振り返った。

映画『サブイボマスク』特報映像

本作は、熱血バカの地方創生を奮闘するハートフル自虐コメディ。大分県ロケツーリズム推進協議会施策第1弾と称し、大分県全面バックアップ(ロケ地:中津市、杵築市 撮影期間:8月21日~9月15日)のもと、約1か月弱、大分に滞在し撮影した。

演じる春雄は、シャッター商店街の真ん中で、老人相手にマメカラで唄を歌いライブをし、みんなを笑顔にしようとするも、その行動はいつも空回りして失敗も多いという、熱血バカな役どころ。「かっこいい男でした。改めてこういう風に生きていきたいなと思った。感情表現がすごくオーバーな人物なので、よく叫ぶし、正拳突きしたり、よく飛ぶし走るし、途中喉が枯れてきちゃったり。唄を歌うのとは別の疲労が残る苦心もあったが、それでも愛おしいなと思いながら演じていた」という。

生い立ちから、瞬間の感情の揺れ具合まで自分なりに考えて演じ、東京に一度も戻らず、リセットする時間もなかったというファンキー加藤。撮影では、「田んぼに飛び込むシーンでは稲穂が刺さり、腕が細かい傷だらけになった。商店街のライブでは、外音が出てない、自分の声しか響いてないむき出しの歌で、そこまでアカペラで歌うことがなかったから申し訳ないやら恥ずかしいやら…春雄だったらこういうコブシの使い回しだろうなとか、アクションだろうなと感じていた」と役になりきる醍醐味を味わった様子。

ファンキー加藤(春雄役)

「間違いなく僕の人生の中で、一番濃密で、一番たくさんのことを学べて、一番プレッシャーがあったけど思い出に残る日々だった。スタッフ、共演者が温かく迎え入れてくれて、いろんなことを教えてくれた」
「カメラが回ってないときでも、普段自分ならしないような、「おぅ!」っていう返事の仕方だったり、完全に春雄になってたが、それが居心地よかった」

映画『サブイボマスク』(東映配給)は2016年6月11日[土]より公開
公式サイト http://sabuibomask.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で