千葉雄大×中川大志 映画『通学シリーズ』胸キュン台詞を生披露

映画会見/イベントレポート

中川大志「千葉雄大はツンデレ」発言に「愛情の裏返しだよ」
千葉雄大×中川大志
[シネママニエラ]俳優の千葉雄大と中川大志が9月21日、映画『通学シリーズ 通学電車&通学途中』イッキ見上映イベント舞台あいさつに登壇し、胸キュン台詞「きょう、こっちで寝ていい?」、「きみを待ってる」を生披露するや客席から大歓声が起きた。イベントには松井愛莉、森川葵、川野浩司監督も出席した。

映画『通学シリーズ 通学電車&通学途中』予告編

『通学』シリーズは、小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」から生まれ、女子中高生に絶大な人気を博しており、キュンキュンする初恋の様子が描写される。

上映後の観客に、撮影裏話などを披露。そして千葉と中川が「あなたの選ぶ『通学』胸キュンセリフ」としてハルとコウのセリフ、「僕はいつでも君を待ってる。今でも君に会いたい。いつだって僕は君に会いたい」(中川)、「今日、こっちで寝てもいい?」(千葉)を生披露すると、ファンの黄色い声が飛ぶ。さらに千葉が中川に「こっち(のセリフ)言って!」とさらりと無茶ぶり。監督の「だったら君(=千葉)も」と指示があり、互いの台詞を交換することに。台詞を発したのち、冗談まじりに「いつも言っているから」と強がってみせるも、素直に照れまくるふたりに「かわいい」の歓声があがった。

千葉雄大(ハル役)

「やわらかさとクールを演じ分ける必要があった。お掃除シーンは、何をやっても見えないから楽しかったですね。もし自分が見えなくなったら、ここでは言えないようなことをやってみたい(笑)」
「お気に入りのシーンは『通学途中』の目を閉じて、星が降るのを待っている。アーティスティックで秀逸ですね」

松井愛莉(ユウナ役)

「想像力を働かせて、演じました。似ているのは、思っていることを言えないところ。片思いを歌った曲を聴いて、気持ちを作った。泣くシーンもあって、集中力を切らさないように気をつけました」
「お気に入りのシーンは千葉さんが、ひとりで踊っている場面です」

中川大志(コウ役)

「すごくせつない。基本的にコウは受け身の人。いつもそっとそばにいるさりげなさが、かっこいい。僕は待てない。」
「(撮影裏話として)僕のアドリブ、千葉くんに突き放された(苦笑)。大学生になって、コウは浮かれちゃったんですよ」

森川葵(ユキ役)

「ユキは好きっていう気持ちに気付いていなくて、憧れという気持ちで演じた。キョウスケに反応するようにした。わたしはアプローチは、恥ずかしくてできない。好きだから会いに行っちゃうっていうのは積極的で可愛い」
「(撮影裏話として)『あいつカルシウム不足だな』の台詞は、そこで泣かなきゃいけないのに、ずっと笑ってました」

川野浩司監督

「ユウナとユキが本作のストーリーテラーで、電車を中心にした。鑑賞後の気持ちが原作の読後感と同じになるように気を配ったつもり。時間軸が一緒なので、切り替えの必要もなく2作同時進行で撮った」

映画『通学シリーズ 通学電車』は2015年11月7日[土]より全国順次公開
映画『通学シリーズ 通学途中』は2015年11月21日[土]より全国順次公開
配給=ポニーキャニオン
公式サイト http://tsugaku-movie.jp/
©みゆ・エブリスタ ©2015「通学シリーズ」製作委員会

[amazonjs asin=”B01B2DH01K” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”通学シリーズ 通学電車+通学途中 Complete BOX DVD”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で