新木優子、映画『僕らのごはんは明日で待ってる』(市井昌秀監督・脚本)より

中島裕翔主演!7年愛を描く『僕らのごはんは明日で待ってる』映画化

ニュース

新木優子、映画『僕らのごはんは明日で待ってる』(市井昌秀監督・脚本)より
小春役の新木優子 ©2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会
[シネママニエラ]瀬尾まいこ著の恋愛小説「僕らのごはんは明日(あした)で待ってる」が中島裕翔(Hey! Say! JUMP)が主演し映画化される。初のラブストーリーということで、中島は「観客のみなさんにもきゅんとしてもらえるように演じたい」と意気込む。2016年1月末からタイで本編撮影を開始し、2月末クランクアップ予定。公開は2017年。

中島裕翔ほか映画『僕らのごはんは明日で待ってる』(略称「ぼくごは」)各自コメント全文

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』(略称「ぼくごは」)は楽しい時もつらい時も一緒にごはんを食べることで恋を育てていく、正反対の性格のふたりが織りなすラブストーリー。監督は映画『箱入り息子の恋』で星野源に日本アカデミー賞新人俳優賞ほかをもたらした市井昌秀がつとめる。市井監督は「平凡な日常を描くからこそ、二人の素の日常を引きずりだし、芝居をしない演技に毅然と挑戦したい」と話す。

草食男子・葉山亮太役に中島裕翔。太陽のように明るくて思ったことをずけずけ言いすぎる上村小春役には「non-no」の専属モデルで広く知られる新木優子。注目の若手女優として映画『家族ごっこ』『風のたより』に出演した。体育祭の競技「米袋ジャンプ」をきっかけにつきあうことになったふたりが、ファーストフードで恋を知り、ファミレスで愛に気づき、白いごはんを食卓で一緒に囲む家族になるまでの7年を描く。

中島は自身の役柄について「僕が演じる葉山亮太は、ある理由から無口で、受け身で、自分の世界に閉じこもっている役」と分析し「亮太の影がある部分は僕とは正反対だとおもいますが、たまにたそがれたくなる彼の気持ちはわかる気がします(笑)」と理解する。そして「自分のなかにある亮太を少しでも見つけて広げていって、撮影中も新木さんとお互い支えあって、自然な瞬間を大事にしたいなと思っています」とコメント。新木は「中島さんは亮太よりもっと明るいんですが、純粋なところは亮太にとても似ていると感じました」と語る。

そのほか配役は美山加恋が鈴原えみり役、岡山天音は塚原優介役。片桐はいりが山崎真喜子役、松原智恵子が上村芽衣子役。

[amazonjs asin=”4344021703″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”僕らのご飯は明日で待ってる”]

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』(アスミック・エース配給)は2017年新春より全国ロードショー
公式サイト http://bokugoha.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で