映画『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』(アルバート・メイズルス監督)

94歳アイリス・アプフェルの知恵「自分自身を知り、良き友をもてば幸せに生きられる」

映画インタビュー 映画作品情報

[シネママニエラ]94歳のアイリス・アプフェル( IRIS APFEL )はインテリアデザイナーとして活躍し美術館やホワイトハウスの内装を任され、ジャクリーン・ケネディを顧客に持つというキャリアの持ち主。アイリス・アプフェルさんにお話しを伺いました。

94歳アイリス・アプフェルの知恵「自分自身を知り、良き友をもてば幸せに生きられる」
映画『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』(アルバート・メイズルス監督) ©IRIS APFEL FILM, LLC.

この映画『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』はニューヨーク・パークアベニューの自宅で、ハイブランドのジャケットに、ヴィンテージアクセサリーや民族衣装を合わせ、即興でコーディネイトを披露する、アイリス・アプフェル。1950年代からインテリアデザイナーとして活躍、美術館やホワイトハウスの内装を任され、ジャクリーン・ケネディを顧客に持つというキャリアの持ち主。アイリスの”成功の秘訣”に迫るべく、展覧会や老舗百貨店でのディスプレイ企画、売り切れ続出のテレビショッピングなどの舞台裏に潜入していくもの。「ルールは破る」など現代のおばあちゃんの知恵は刺激的!

ホワイトハウス建造当時のオリジナルを忠実に再現していく

「私が(本作の監督)アルバート・メイズルス氏からの映画化の申し出を断り続けた理由は、軽薄なファッショニスタとして取上げられたくなかったし、メイズルス氏とは顔見知りではなかったから。

でも、彼が再三にわたって電話をしてくるので、友人のリンダ・ファーゴ(バーグドルフグッドマンのファッション・オフィスのシニア・ヴァイス・プレジデントでウィメンズ・ファッションのディレクター)に話をしたら、彼女に『断るなんてとんでもない話! メイズルス氏が撮影するといえば誰もがイエスと言うほどの人よ』とたしなめられたのよ。でも、その時点ではすでに断ってしまっていたし、どうしようか?と悶々としていた時に、また彼から電話があったの。

それで『私のスタジオで会って欲しい』と言われて、ハーレムにある彼のオフィスまで会いに行ったわ。そこで彼と彼の撮影スタッフに会ったのだけど、撮影スタッフもとても気持ちの良い人たちだったので、出ることに決めたの。付き合いが長いというだけで友人になるとは限らないわ。会った瞬間に分かり合える人っているでしょう? 友人とはそういうものだと思う。

撮影では、彼が用意したスクリプトも何もなくて、私から提案したアウトラインだけで始まったの。撮影の時、彼はいつも『あなたが何か興味のあることは? 何かやりたいことがある?』と聞いてきて、その時に私がこれこれがしたいとか、その時興味のあることを彼に言って撮影していくというスタイルだったのよ。

この映画の撮影には4年かかったの。お互いに時間が会わなかったり、彼が病気で入院したり、私が手術をしたりしたから。すごく沢山撮影したけれど編集でかなり短くなってしまって。この映画の部分の他にも、まだまだたくさん撮影した素材があるのできっと第2弾もできるわ。

そうそう「ホワイトハウスの内装」に関しては、誤解している部分があるので説明しますね。私は内装をデザインしたのではなく、ホワイトハウスの内装の修復に携わったのよ。ホワイトハウスにはホワイトハウスの外観も内観も建造当時のままを維持する歴史保存委員会があって、私の作業は、その委員会の要望に従って建造当時のオリジナルを忠実に再現していくこと。私がホワイトハウスの修復の仕事を受けた理由は、昔の家や建造物が好きだし、ホワイトハウスの仕事はプレステージが高いし、それに、いつも同じ事ばかりするのは好きじゃないからよ。

その修復には、たとえばカーテンや椅子などの生地は、私たちの会社「 Old World Weavers 」でオリジナルに忠実に製作し直して使用して、主に生地の修復を行ったの。それぞれの大統領夫人たちは、自分たちの趣味ではない、とかむちゃくちゃなことを言ってきたり、自分の趣味を押し通そうとしたけれど、ほとんどの夫人は、良い趣味の持ち主じゃないし、ホワイトハウスのインテリアは彼女たちにはどうすることもできないのよ」

アイリス・アプフェル「人の人生には酷いことが必ず起こる」インタビューつづき

彼女自身の転機ともなったメトロポリタン美術館での展示会の経緯について明かされるシーンの本編映像はこちら

映画『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』特別映像


©IRIS APFEL FILM, LLC.

映画『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』(KADOKAWA配給)は2016年3月5日[土]より角川シネマ有楽町ほかにて全国公開

公式サイト irisapfel-movie.jp
アイリス・アプフェル「ホワイトハウス建造当時のオリジナルを忠実に再現していく」
彼女自身の転機ともなったメトロポリタン美術館での展示会の経緯について明かされるシーンの本編映像はこちら
アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー [DVD]をAmazonで購入する

IRIS APFEL|アイリス・アプフェル

アイリス・バレル・アプフェルは1921年8月29日、クイーンズのアストリアで、弁護士でファッション・ブティックオーナーの母セイディ・バレルと、輸入業者の父サミュエル・バレルの間に生まれた。子どもの頃から、アイリスは様々なことを独特なスタイルで繰り返すことに情熱を傾けた。父の仕事について行き、エルシー・ド・ウルフの伝説的なインテリアデザインスタジオで、彼女の母性的スタイルのショーウィンドウの陳列を手伝った。ニューヨーク大学で美術を学んだ後、「Women’s Wear Daily」誌で初めて正規の仕事をし、やがてインテリア・デザイナーのエリナー・ジョンソンに師事した後、自身のインテリアデザイン業を始める。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で