<吉田羊×木村佳乃>映画『嫌な女』黒木瞳監督のモノマネに言及

フォトギャラリー 映画会見/イベントレポート

映画『嫌な女』完成披露プレミア試写会にゴージャスドレスで登場[シネママニエラ]女優の吉田羊と木村佳乃が6月15日、黒木瞳監督がメガホンを執った映画『嫌な女』の完成披露プレミア試写会に出席し、撮影を振り返る中で、瞳監督が現場でモノマネを真剣な顔でしたことを明かした。

黒木瞳監督が撮影中を再現!映画『嫌な女』完成披露試写会のフォトギャラリーはこちら

本作は桂望実著の小説がベース。黒木瞳主演でNHK BSプレミアムにてテレビドラマ化に続いて、このほど黒木が初の映画監督を務め吉田と木村のW主演で映画化となった。黒木瞳監督は「映画を観ていただいて、笑顔になっていただけるお客様がいらっしゃることを信じていました。“女優が映画を撮った”という色眼鏡を外していただいて、女子力のない非女性的な嫌な女を、どうぞ最後までお楽しみください」と、作品=我が子を送り出す。

大変だった撮影として、吉田と木村のバトルシーンに言及。吉田が「佳乃ちゃんの叩くシーンが、まあ、うまいんです!」と口火を切るや、木村は本気で叩くように言われたと明かし「叩いたあとの羊ちゃんの顔が怖かった!」と述懐。この様子を監督は「本当に激しいシーンでうまくいったな。(もっと)やれ、やれー」と見守ったという。そして、激しく動いた後での吉田の台詞「あんた、本当に死神みたいな女ね」の声がかすれていた為、監督が「羊ちゃん、今のはこう」と真似したという。あまりに真剣な顔でモノマネをする監督を見て、思わず笑ってしまったという吉田と木村。キョトンとする監督はこの場で再現するサービスも、会場を笑いで包んだ。

吉田羊、木村佳乃、黒木瞳監督のロングドレス全身写真、映画『嫌な女』完成披露プレミア試写会フォトコールにてまた、クロストークでは、瞳監督が主演ふたりに「しんどかったのはどこ?」と質問を投げかける一幕も。吉田は「台本を読んで、この場面が山場になるなと思ったところが、初日に撮影されたこと」を挙げるや、監督は「(そのお芝居を)モニターを見て涙した」と吉田の女優魂を称える。そして木村は「一人の男性を佐々木希ちゃんと取り合うこと。これは希ちゃんが現れた時点で(男を)とられるな、と。精神的にしんどかったです」と話すと、監督は「あの場面では私が指示していないのに、佳乃ちゃんはずっとじゅうたん担いでくれたのよね」とやさしい言葉で労う。

さらに木村が「(演じる夏子が)竹内まりやさんの楽曲「元気を出して」を劇中で歌うシーンがあり、竹内さんがその撮影日に見学にいらっしゃることをサプライズにする予定だったそう、でも事前に瞳さんがポロっと」という、お茶目エピソードも。監督は「わたしがしゃべったの?」と驚きつつも、「佳乃ちゃんの歌声が素晴らしくて驚きました。ワンコーラスのはずが、聞き惚れてしまって、フルコーラス歌っていただきました」と大絶賛。

黒木瞳監督は音階・粘り演出!

瞳監督の演出について、これだというものが撮れるまで粘るので、現場では「しつこいなぁ」という声があがったこと。それと吉田が「ナレーション録りをした際に、台詞の発し方を『ミレミミでなく、ドレドドで』と音階でおっしゃる」と明かせば、木村も「時間経過と交際相手によってお洋服が変わるキャラクターなので、瞳さんの私物ドレスも提供していただいて」と、本作にかける並々ならぬ思いを物語っていた。

さらには「スタイリスト、ヘアメイク、ネイル、ウェディングドレスといった細部にも、女優だからこそこだわりました」と監督。三人三様で思い入れの深い作品であるようで、この日のトークは大盛り上がり。実は、原作者から監督に宛てた手紙を紹介する時間がなくなってしまうハプニングも。このお手紙は、映画の公式サイトで披露されるという。

映画『嫌な女』あらすじ

石田徹子(吉田羊)はストレートで司法試験に合格し、弁護士になった才媛。29歳で結婚し、人も羨む幸せな人生…の筈が、仕事も結婚生活も上手くいかず、心に空白と孤独を抱えた日々を過ごしていた。そんなある日、徹子のもとに婚約破棄で慰謝料を請求された従妹の小谷夏子(木村佳乃)が訪ねてくる。
(日本映画/105分)

映画『嫌な女』(松竹 配給)は2016年6月25日[土]より全国公開
公式サイト http://iyanaonna.jp/

[amazonjs asin=”B01LTHLNGM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”嫌な女 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で