ジョニー・デップ短髪姿で『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』記者会見に登場

映画会見/イベントレポート
ジョニー・デップと中田英寿
―ジョニー・デップ(左)と中田英寿(右)の貴重な2ショット写真―

[シネママニエラ]5月4日(現地時間)、人気映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第4弾の最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』の日本メディア用のジョニー・デップ特別記者会見が、ロサンゼルスにて行われました。世界のメディアが集まって取材をする中、一か国のためだけに記者会見が行われるのは異例中の異例。この会見には、“世界で活躍する日本人”としてUSプレミアに招待されている中田英寿が参加しました。

同作のスタッフ・キャストが、日本のファンを少しでも勇気づけるためにと作成した横断幕が掲げられた会場に、髪をばっさりと切ったさわやかなジョニー・デップが登場。
「日本語で会見が出来なくて申し訳ない。お会いできて光栄です。皆さんのご家族やご友人のご無事をお祈りしています。日本は大変な時ですが、我々パイレーツスタッフも出来る限り、日本の復興にお役に立てればと思っています。日本の皆さんは、強い文化と強い心を持った人々だと思うので復興できると信じています」と挨拶。

最新作について「新しいストーリーの中でジャックが新しい経験をし今後どのようになっていくかを一番考えたんだよ。フレッシュな印象を与えたいと思ったからね」、続けて「ジャック・スパロウというキャラクターは、僕の子供たちと一緒に育ったようなもの。上の娘が3歳で、下の息子が6か月の時に第1作目を撮影したんだけど、今は12歳と9歳になったんだ。今回の新作の撮影中は、ハワイ、ロサンゼルス、ロンドンと子供たちがずっと一緒だった。二人ともジャックが大好きだから、今後も続けていきたいと思っているよ」と、さらなる意気込みを語ってくれました。

また、“永遠の命”が得られる“生命の泉”を実際に飲めるなら?という質問がでると、ジョニーは「千年も生きれば、さすがに飽きると思うよ。歳を重ねることで経験を積んでユーモアのセンスが生まれるなど、物事がわかってくるようになるんだ。人生は限りがあるから、素晴らしいんだよ」と答えた。

そして背後の横断幕にジョニーの直筆で「心からの敬意をこめて、皆さんを応援しています」とサイン。また、中田さんも、「さらなる発展をとげる その日まで!!」と書き込みました。ジョニーは「この横断幕は、僕達とともにロンドンやロシアへしばらく旅をします。そして、世界規模で日本を支援したいと思います」と述べた。横断幕は、世界を巡ったのちに5月17日に催される『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』ジャパン・プレミア@TOHOシネマズ 六本木ヒルズの会場に届けられる。

【関連記事】
・『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』予告編を発表!
・『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』全世界5/20同時公開が決定!
原題=Pirates of the Caribbean:On Stranger Tides
日本公開=2011年5月20日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
© Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00FF4WTDM” locale=”JP” title=”パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 MovieNEX ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で