<濵田崇裕>映画初出演!<佐々木蔵之介×横山裕>W主演『破門』でヤクザの弟分役



[シネママニエラ]ジャニーズWESTの濵田崇裕が、佐々木蔵之介と横山裕(関ジャニ∞)がW主演する映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』で、佐々木演じるヤクザの弟分を演じることが8月17日放送の関西テレビ「関ジャニ∞のジャニ勉」で発表された。※コメント全文掲載

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(小林聖太郎監督)イメージ
©2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会

原作は黒川博行著の『疫病神』シリーズで、直木賞を受賞した小説の映画化。監督は小林聖太郎。すぐにキレるヤクザの桑原を佐々木が、口だけは達者なぐーたら建設コンサルタントの二宮に横山が扮して凸凹コンビを演じる。

大阪を舞台に、関西弁での会話がテンポよく繰り広げられる大追跡エンタテインメント作。佐々木と横山をはじめ、北川景子、橋爪功、國村隼、矢本悠馬、橋本マナミ、中村ゆり、木下ほうか、キムラ緑子、宇崎竜童ら日本を代表する俳優陣が出演。

濵田のクランクインは2015年11月1日。激しいアクションシーンにも挑んだ。濵田にとって映画出演は初となる。

濵田崇裕さん(木下役)

映画出演を、まさか「ジャニ勉」で発表させて頂けるとは思っていませんでした。それも横山くんと一緒に発表、というのもとても嬉しいです。横山くんは初めての映画出演で緊張している僕に、撮影の合間に何度も話かけて下さったり、僕がクランクインの時も記念に写真を撮って下さったり、何かと気にかけて下さいました。映画は勿論、横山くんとのシーンもあるのですが、僕は(佐々木蔵之介さん演じる)桑原の弟分の役だったので、佐々木さんと一緒のシーンが多かったんです。大乱闘のアクションシーンもあって、そこは普段の僕ではない、「男、木下」っていう感じです(笑)。笑いもある映画なので、多くの人たちに見て頂きたいと思っています。

小林聖太郎さん(監督)

濱田崇裕さんとは、衣裳・小道具合わせが初対面でしたが「めっちゃ緊張してます」と話す姿が新鮮でした。常に全力で吸収しようとする姿は好感がもてるとともに、木下という役にダブって見えました。

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』あらすじ

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会の桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の疫病神である。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。
(2017年/日本映画)

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(松竹 配給)は2017年1月28日[土]より全国公開

公式サイト http://hamon-movie.jp/
佐々木蔵之介「改めて京都の魅力を実感」
<関ジャニ∞大倉忠義vs.D-BOYS志尊淳>映画『疾風ロンド』会見で判明?
関ジャニ∞渋谷すばる「自分がやったことは小さい」と照れ笑い
阿部寛&溝端淳平の名コンビ再び!新垣結衣は「職質に興奮」
松坂桃李 「映画『マエストロ!』は最高の栄養剤」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD