アントニオ・バンデラス&サルマ・ハエック『長ぐつをはいたネコ』でカンヌに!



アントニオ・バンデラス&サルマ・ハエック[シネママニエラ]5月11日(現地時間)、フランスのカンヌでは世界的な映画の祭典(カンヌ映画祭)が開幕しているが、同時期にカンヌ周辺に現れたのが、映画『長ぐつをはいたネコ』でヴォイスキャストを務めている元祖“ラテン系”ハリウッド俳優アントニオ・バンデラスと、“ラテン系”ハリウッド女優サルマ・ハエック。ふたり揃って同作のプレゼンテーションに参加した。

体は小さいけど個性は強烈ニャー!

映画『長ぐつをはいたネコ』は、世界興行収入がギネス記録となり、昨年シリーズの完結を迎えた『シュレック』シリーズで、サブキャラながら一番人気のキャラクターとなった“長ぐつをはいたネコ”を主演にしたスピンオフ作品。彼の登場は映画『シュレック2』からで、当初はシュレックたちと敵対していたが、いつの間にか無二の仲間となり、『シュレック フォーエバー』ではでっぷりと太った姿で更にファンを魅了した。特技は、上目づかいの甘え顔。本作では、“長ぐつをはいたネコ”がシュレックと出会うずっと前に、相棒のハンプティ・ダンプティ、キティー(サルマ・ハエック)と共に、ジャックとジルから魔法の豆を奪い、更に黄金の卵を生むガチョウを盗もうと奮闘する姿を描く3Dアニメーションとなる。

映画『長ぐつをはいたネコ』は猫愛とラテン色が満載!

映画『長ぐつをはいたネコ』(原題 PUSS IN BOOTS)
©PUSS IN BOOTS (R) and © 2011 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

長年、親しんだ“長ぐつをはいたネコ”のことをアントニオ・バンデラスは、「ロサンゼルスのドリームワークス・スタジオでデッサンを見せてもらった時には、キャラクターの内面や、シュレックやフィオナとの関係性がわからなかった。だが、ネコが彼らと居るのを見た時、彼がいかに小さいのかに気づき、背景が浮かんだのさ。彼の声はイメージに反するものであるべき。自分がもっと大きいと信じているから、体に似合わない声をもっているべきだと感じた。僕はそれがこのキャラクターが成功した秘密のひとつだと思う」と語った。

本シリーズに初参加するサルマ・ハエックは、「私がキャリアをスタートさせた頃、ヒスパニックが演じられる役はすごく限られていて、ひとつかふたつのタイプしかなかったのよ。でも今じゃ猫を演じられるの! ヒスパニックに猫役をやらせることがアリになったのね。アントニオとドリームワークスに改めて感謝しなくちゃ(笑)」とユーモアを交えてコメント。実はアニメの声は初めて。「娘に見てもらえることも嬉しいわ。“あの猫は本物じゃなくて、声はママの声なのよ”と教えたら、娘は少し残念がったけれど」とも。

映画『シュレック3』で監督を務めたクリス・ミラーが、「体は小さいが個性は強烈。彼がシリアスになれば、なるほどファニーになるんだ。アントニオ、イコール猫で、猫イコール彼。この猫は、すばらしいキャラクター」と褒めると、アントニオ・バンデラスは「ニャー!」と照れ隠しにおどけてみせ、報道陣から笑いが起きたという。

【おまけ 2014/7/5】
続編『Puss in Boots 2: Nine Lives & 40 Thieves(原題)』の全米公開が、2018年11月2日との発表あり。

原題=PUSS IN BOOTS
日本公開=2012年
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
©PUSS IN BOOTS (R) and © 2011 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD