滝川クリステル×杉山愛が初対談!奇しくも「ターニングポイントは25歳」


滝川クリステル、杉山愛
撮影:中川容邦

[シネママニエラ]5月16日、プロテニスプレーヤーとして世界の名だたる大会で活躍してきた杉山愛が、キャスターの滝川クリステルと初めて対談を行った。

全仏オープン(5月22日開幕)、ウィンブルドン(6月20日開幕)間際とあって、ふたりの話題はテニス談義から、30代の女性としてのライフスタイルまで及んだ。

「両親がテニス好きなので、幼いころからずっと身近にありました」という滝川。男子では世界ランキング1位のラファエル・ナダル選手のファンだと告白し「単純にミーハーなんですけど、積極的なプレーが面白いですよね」と述べると、杉山が、「情熱的なナダルもすてきですけど、私はロジャー・フェデラー選手にお会いしたら紳士的な人でサービス精神があって、いっぺんで好きになっちゃいました」と、明かした。

滝川は、初のエッセイ集「恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方」(講談社)で、フランス女性のシンプルライフを紹介した。

「日本では“エレガント”と言うとゴージャスなイメージですが、フランスでは“己を知っていて自然にふるまっていること”という意味なんです」と説明。すると、杉山は「自分を知ることは大事ですよね。私は25歳のときスランプになって、どん底でしたけど、そこからテニスをツールに自分磨きをしていこうと考えるように。それがターニングポイントとなって自分としっかり向き合えるようになりました」と振り返った。その発言に驚いた滝川は「私も25歳の時に「ニュースJAPAN」出演が決まったんです」と、打ち明けると、杉山が「同じ25歳が、ターニングポイントだったなんて! 似ていますね」と意気投合。

人生を自分で構築したい

滝川は、杉山の引退試合となった2009年の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントを会場で、観戦していた。
「私も「ニュースJAPAN」を卒業した直後だったので、杉山さんの中でいろんな思いがこみあげているのがわかって、涙ぐんでしまいました」と滝川。「番組を辞める時はすごく考えましたが、自分の人生を自分で構築したいというフランス人的な部分を発揮しました。でも、そういう選択をするのは、日本では勇気がいりますよね。過渡期にある30代の女性が悩んでいるとき、本来の自分をもっと出せる空気になるといいのかなと思います」と今だからこそ言える心情を吐露。

杉山は「たしかに、自分に正直でいないと、人生のビジョンを見失ってしまうかもしれない。個人も社会も変わっていければいいですね」と共感を寄せた。

25歳の転機も、大きな節目を迎えた年も同じという杉山と滝川。

記者から「人生のダブルス・パートナーは見つかりそうですか?」という質問に対し、「一緒にテニスを楽しめる人がいいですね。テニス未経験者だったら、教えてあげたい」(滝川)、「私はダブルス・パートナーを選ぶのがうまいから、いい相手を見つけてきますよ」(杉山)と、にこやかに答えた。

杉山愛
1975年7月5日生まれ。神奈川県出身。グランドスラム62大会連続出場のギネス記録を持ち、全豪オープンテニス、ウィンブルドンテニス、全米オープンテニスのダブルスで優勝した経験を持つ。グランドスラム4大大会を放送するWOWOWで、テニス・スペシャルコメンテーターとして世界最高峰のテニス、グランドスラム4大大会を中心に、テニスの魅力を分かりやすく解説している。WOWOW TENNIS ONLINEで、オリジナルコラム「愛’s EYE」を展開中。
◆全仏オープンテニス
5月22日(日)~6月5日(日) WOWOWにて連日生中継!
◆ウィンブルドンテニス
6月20日(月)~7月3日(日) WOWOWにて連日生中継!
滝川クリステル
1977年10月1日フランス生まれ。父はフランス人、母は日本人。青山学院大学文学部仏文学科卒。2002~2009年までフジテレビ「ニュースJAPAN」のキャスターを務める。現在は、WOWOW 「BBC ERTH」のプレゼンター、フジテレビ「Mr.サンデー」などをはじめ多くのメディアで活躍中。趣味はテニスやスキューバダイビング。動物愛護の分野にも力を入れている。先日、フランス女性の生き方を綴った初のエッセイ「恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方」(講談社)を出版。
◆BBC EARTH ヒューマン・プラネット
7月23日(土)WOWOWにてスタート!毎週土曜日夜9:00(全8回)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD