『15時17分、パリ行き』巨匠イーストウッド監督が初めて無差別殺傷テロを描く

ニュース 映画作品情報

映画『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』クリント・イーストウッド監督最新作となる無差別テロ“タリス銃乱射事件”を題材とした映画『15時17分、パリ行き』(原題 THE 15:17 TO PARIS)の日本公開が3月に決まった。87歳で映画界の第一線を走り続ける巨匠クリント・イーストウッド監督が初めて無差別殺傷テロを描く。

『15時17分、パリ行き』巨匠イーストウッド監督が初めて無差別殺傷テロを描く
(UPI/アフロ) ©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC – – U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA ©︎ 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

2015年8月21日。500名以上の乗客を乗せたアムステルダム発パリ行きの特急列車内タリス。イスラム過激派の武装した男が、乗客全員の無差別テロを企てるなか、犯人に立ち向かった3人の若きアメリカ人を描く。なぜ名もなき男たちは死の恐怖に直面しながら、命を捨てる覚悟で立ち向かえたのか? 普通の人々が奇跡を起こすストーリーと圧倒的リアリティが新たな真実を照らす!

その時、何が起きたのか!?実際のヒーロー3人が本人役で主演&実際の現場で撮影!

近年は『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』と真のヒーローの真実を巧みに描いてきた巨匠クリント・イーストウッド監督。『ハドソン川の奇跡』でも実際の現場にいた人々がエキストラとして参加したが、今回はさらに徹底したリアリティにこだわり、主演の3人をそれぞれ本人が演じるというハリウッド映画史上前代未聞の試みに挑戦する。また、乗客として当時の列車に居合わせた乗客も出演。その上事件が起きた場所で撮影に挑むという究極のリアリティの追求は、イーストウッド監督だからこそ成しえたと言える。

当事者の目線からテロの時代を生きる私たちに問いかける真実と現実。ついに巨匠監督が現代のテロ社会を描く! 2015年「パリ同時多発テロ」、2017年「マンチェスター・アリーナ会場テロ事件」など世界中を震撼させるテロリズム。2017年でも世界中でテロが114件(11/7まで。公安調査庁調べ)起きている。いつ、どこで、誰もが直面してもおかしくない今、その危機は、なぜ希望に変わったのか注目を集めていくことだろう。

映画『15時17分、パリ行き』あらすじ

2015年8月21日、パリ行きの特急列車内。54人の乗客全員をターゲットにした無差別テロ“タリス銃乱射事件”。極限の恐怖と緊張感の中、武装した犯人に立ち向かったのはヨーロッパを旅行中の心優しき3人のアメリカの若者たちだった。(2018年/アメリカ映画/94分)
監督 クリント・イーストウッド 脚本 ドロシー・ブリスカル 撮影 トム・スターン 衣装 デボラ・ホッパー 編集 ブルー・マーレイ 美術 ケビン・イシオカ  原作:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン、そしてジェフリー・E・スターン著の「The 15:17 to Paris: The True Story of a Terrorist, a Train, and Three American Heroes」に基づく |出演 アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン

映画『15時17分、パリ行き』(ワーナー・ブラザース映画 配給)は2018年3月1日[土]より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかにて全国公開

映画『15時17分、パリ行き』公式サイト 1517toparis.jp
公式SNS Twitter | Instagram | facebook

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で