林遣都「女性にキュンとする瞬間を妄想」

映画会見/イベントレポート

俳優の林遣都が2月2日、主演映画『チェリーボーイズ』プレミア上映会に出席。童貞3人組の主人公・国森信一役を演じたが「女性の観客のことは撮影中頭になかった」とぶっちゃけた。さらに「女性にキュンとする瞬間」の妄想を明かした。イベントには林をはじめ、栁俊太郎、池田エライザ、般若、西海謙一郎監督が登壇。

林遣都「女性にキュンとする瞬間を妄想」
林遣都

本作は漫画家・古泉智浩による童貞漫画の金字塔を実写映画化。とある地方都市、仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端な3人組は揃いも揃って25歳の童貞。そんな3人組の、脱童貞大作戦!

左から般若、池田エライザ、林遣都、栁俊太郎、西海謙一郎監督
左から般若、池田エライザ、林遣都、栁俊太郎、西海謙一郎監督

林は「挑戦しがいのある役であり作品。男たちの情ない青春物語は今までやったことがなくて、20代のうちにそういった作品をやりたいと思った」と念願叶った様子。童貞という設定に対して「童貞に見えなければ成立しない難しい役だけれど、演じ切れたらこの先、俳優として幅を広げることができるのではないかと思った」と吐露。「情けないダメ男のバタバタコメディの印象があるけれど、その中身は凄くいい物語。童貞3人組からこれからの人生を歩んでいく上での大事な感情にも気づかされた」と実感を込めながら作品をアピールした。

池田エライザ、映画『チェリーボーイズ』プレミア上映会にて
池田エライザ

これが長編映画監督デビューの西海監督は「イケメンの皆さんが童貞に見えなければ失敗だと思ったけれど、童貞3人衆には見事なまでの童貞っぽさを出してもらった。素晴らしい童貞になったと自負しております」と胸を張り、池田については「池田さんをいかに綺麗に撮るか。撮影中は『可愛い!』と本気で思いながら撮った」と自信を覗かせた。

 般若が池田をマドンナ役にキュンとした瞬間を再現!「筆記用具が落ちたときに、近くの女の子が拾ってくれて、手が触れる」
般若が池田をマドンナ役にキュンとした瞬間を再現!

壇上では池田をマドンナ役に、男性陣が女性にキュンとした瞬間を再現することに。林は「素直になれない学生時代だったので、自分に歩み寄ってきてくれる人は好き。いたずら感のある活発な子に登校時間に後ろからドン!とぶつかってきてほしい」と妄想エントリー。栁は「休み時間にイヤホンで音楽を聴いているときに、急にイヤホンを取り上げて『何を聴いているの?』と女子が言ってくれる。ふふふ」と青春時代の実体験を脳内再生。般若は「筆記用具が落ちたときに、近くの女の子が拾ってくれて、手が触れる」と役柄を彷彿とさせるピュア全開で盛り上げた。

映画『チェリーボーイズ』(アークエンタテインメント配給)は2018年2月17日[土]よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国公開

映画『チェリーボーイズ』公式サイト cherryboys.net
<Netflix>林遣都×波岡一喜「火花」を花火でアピール!
チェリーボーイズ [DVD]をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で