夏木マリ×岩田剛典の驚き!初の河瀨組『Vision』語る

映画会見/イベントレポート

河瀨直美監督の最新作『Vision』の完成報告会見が4月26日にホテル雅叙園東京にて開催され、河瀨監督はじめキャストの永瀬正敏、夏木マリ、岩田剛典(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、美波が出席した。「河瀨グリーン」という表現があるように、この日の会見ステージは吉野の自然を運び装飾を施したもの。そのため登壇者も隅々まで眺めて喜んでいた。

永瀬正敏×岩田剛典(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、犬のオブジェを手に
永瀬正敏×岩田剛典、犬のオブジェを手に

同作は、奈良県・吉野の森を舞台に幻の植物Vision(ヴィジョン)に魅せられたフランス人ジャーナリスト(ジュリエット・ビノシュ)と地元民との交流を含めた体験を描く。永瀬とビノシュのW主演。

河瀨監督は「私たちが現代社会を生きていく中で、自分本位で生活をしていると、自然は疲弊するし、地球自体が疲弊するという状況の中で、何をしなければいけないかを考え、この物語を作り上げました。作家として人間としての危機感がまず原点にあって、それをどう再生していけば、次の一歩を進んで行けば、豊かなものに変容していくのかというのが、この物語の始まりです」などと話す。

永瀬正敏×夏木マリ、役を生きる体験を振り返る
永瀬正敏×夏木マリ、役を生きる体験を振り返る

前日に本編初号が完成したとあって、永瀬は「心が震えて昨夜は眠れず、徹夜で会見に」臨んだ。千年生きた地元女性役の夏木は「いただいた台本と完成した映画がまったく違って驚きました。これが河瀨組なんですね。いくつになっても勉強になります」と語れば、本作が河瀨監督と3度目のタッグとなる永瀬も「到達点は同じだと思っていても、完成作を見ると監督の視点ははるか先にあったことがわかる」と反省しきり。劇中の台詞で夏木から「まだまだ」と言われるが、その通りだと苦笑い。

河瀨直美監督と岩田剛典
河瀨直美監督と岩田剛典

同じく河瀨組は初となる岩田は「役をえんじるより、役を生きた感じです。俳優同士のご挨拶も禁止されましたし、初めて対面するシーンは、本当に初めて(の対面)でした。それに、最初に監督から『現地で一か月過ごして欲しい』と言われました」と明かし、実際にはツアー中で実現は不可能だったものの、その土地の空気感を体になじませる河瀨メソッドを実践。「朝起きると、顔にカメムシが3匹くっついていて、虫と共存していました」と笑顔を見せる。また、途中で体調をくずし下山することもあったというが、苦労の甲斐あって別人の風貌になり、「森の人になってるよ!」と三代目メンバーから心配されたこともあったと明かした。

後列左から永瀬正敏、河瀨直美監督、夏木マリ、小曽根真 前列左から美波、岩田剛典
後列左から永瀬正敏、河瀨直美監督、夏木マリ、小曽根真 前列左から美波、岩田剛典

夏木もiPhoneを手放し、そのキャラクターとして生きることを強いられた日々を振り返った。劇中で永瀬が口にする「よもぎ団子」は(ほとんど画面に映らないけれども)実際によもぎの葉を摘み、あんと餅まで手作り。しかも、撮影の日程を考慮して相当量作ったという。とにかく「映っているのは、一連の動作の中の一部を切り取ったものなんです」と説明。

夏木マリと美波、映画『Vision』完成報告会見
夏木マリと美波

そんな驚き話が続く中、ジュリエット・ビノシュの通訳役の美波だけは「憧れの(女優=)ジュリエットとおしょうゆ工場の見学やボタニカルガーデンに行ったり、テレビも見ていたり」とノーマルな生活をしていたことを恐縮気味に語り、河瀨メソッドを行ったほかの共演者を驚かせていた。

会見には吉野町町長、それに映画音楽を担当したジャズピアニストの小曽根真も出席。小曽根氏はテーマ曲を即興アレンジを含めて演奏し会見を盛り上げた。

映画『Vision』(LDH PICTURES 配給)は2018年6月8日[金]より全国公開

映画『Vision』公式サイトhttp://vision-movie.jp
河瀨直美、映画『Vision』ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏W主演

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で