篠原涼子×西島秀俊『人魚の眠る家』魅力を国際映画祭でアピール!



女優の篠原涼子が10月29日、主演映画『人魚の眠る家』(英題 The House Where the Mermaid Sleeps )が、第31回東京国際映画祭の新設部門「GALAスクリーニング作品」としてワールドプレミア上映され、レッドカーペットイベントと完成披露舞台挨拶に共演の西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯(舞台挨拶のみ)、堤幸彦監督と登壇し、同作の魅力をアピールした。

左から堤監督、田中泯、坂口健太郎、篠原涼子、西島秀俊、川栄李奈、山口紗弥加
左から堤監督、田中泯、坂口健太郎、篠原涼子、西島秀俊、川栄李奈、山口紗弥加

原作は東野圭吾作家デビュー30週年を記念して書かれたヒューマンミステリー。播磨薫子(篠原涼子)と夫の和昌(西島秀俊)は、プールで溺れて意識不明になり、回復の見込みのない我が子を生かし続けるか死を受け入れるか。選択を迫られ過酷な運命に翻弄される。監督は、『SPEC』シリーズや『天空の蜂』の堤幸彦監督がつとめる。

篠原涼子×西島秀俊『人魚の眠る家』魅力を国際映画祭でアピール!
篠原涼子×西島秀俊、東京国際映画祭レッドカーペットにて

ワールドプレミアを迎え、篠原は「とても切ないテーマではありますが、東野圭吾先生の原作なので、クライマックスまでどうなるかわからない、ハラハラする見応えのある作品になっています」と語れば、西島も「とても深い深い、狂気すら帯びる母の愛がテーマの素晴らしい感動作で、遂にワールドプレミアでみなさんにみてもらえることに非常に興奮しています」とコメント。

堤監督は「クライマックスシーンが素晴らしく、客観的に冷静にみないといけない立場だが、今回はそうできなかったほどキャストの演技が素晴らしかった。生きること死ぬことにまつわるテーマ、メッセージが伝わる作品になっています」と語り、映画の出来栄えに胸を張った。その後、大歓声の中、サインや握手を求めるファンとの交流を楽しみつつご一行は国際映画祭のレッドカーペットを歩いた。

左から堤監督、山口紗弥加、西島秀俊、篠原涼子、坂口健太郎、川栄李奈
左から堤監督、山口紗弥加、西島秀俊、篠原涼子、坂口健太郎、川栄李奈

舞台挨拶では、本作で3度目の共演(映画では初)となった篠原と西島が、二人の共演作品は必ず「篠原が西島を振り回す」という共通点があることを確認。本作の夫婦役を演じるにあたり、篠原は「すごくお互いいろんな話をしたし、考えさせられることがありましたよね」と感慨深げに語り、西島は篠原について「実人生で積み重ねて来た演技の重みというか、深さを感じられました」と絶賛した。

堤監督は「作品のストーリーにおける出演者の感情を順番に形作ることが大切だと思ったので、今回はほぼ順撮りといって物語の始まりから順番に撮っていく方法をとりました」と明かし、「だからこそ丁寧に感情を表現することができたと思います。たくさん作品を撮って来ましたが、自信もってみなさんにお届けできる作品となっています。ただ、この作品の答えはひとつではありません。ご覧になった方によって作品の印象が変わってくるかと思いますが、ぜひそれぞれの立場でみていただきたいと思います」と呼びかけた。

映画『人魚の眠る家』(松竹 配給)は2018年11月16日[金]より全国公開
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会

篠原涼子×西島秀俊の愛と狂気!『人魚の眠る家』特報・予告編
篠原涼子×西島秀俊と仮面夫婦役で初共演!「人魚の眠る家」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD