手塚治虫『ばるぼら』手塚眞監督が映画化!稲垣吾郎×二階堂ふみ初共演



手塚治虫作品を手塚眞監督が実写で映画化する『ばるぼら』の製作が11月20日、帝国ホテルで開催された「手塚治虫生誕90周年記念会」で発表され、手塚監督と主演の稲垣吾郎、ヒロインの二階堂ふみが会見に登壇した。

手塚治虫『ばるぼら』手塚眞監督が映画化!稲垣吾郎×二階堂ふみ初共演
美倉洋介役の稲垣吾郎

原作はさまざまなタブーに挑戦した問題作とされる、主人公の作家・美倉洋介と一人の女性・ばるぼらの関係を描く物語。原作の舞台設定は1970年代だが、映画では現代に翻案する。翻案について、手塚監督は「出来る限り原作の物語や守っているつもりです。連載漫画ですから原作自体は長いものです、全てをやろうとするとちょっと無理があります。その中からエッセンスを抽出してまとめました」と話す。製作は日本、イギリス、ドイツの合作作品で、撮影はクリストファー・ドイルが務めたほかスタッフも国際色が強いものになっている。

映画『ばるぼら』キービジュアル
映画『ばるぼら』キービジュアル ©2019 Barbora Film Committee

監督は「父親の漫画を原作にして実写の映画を作るのはこれが初めてです。今までアニメをやったことがありますけど初めて実写の映画に取り組みます。(原作の)「ばるぼら」は私が特別に思い入れある作品でございます。それは、大人向けの作品ですけど子供の頃から読んでいましたし、自分がこれまで作品で表現してきたこととの接点が感じられたからです。(撮影は既に終え)現在は12月頭の完成に向けて作業中です。口当たりの良い作品では無いかもしれませんし最初は不思議だと思うかもしれないけども、よく味わってみれば必ず新しい味が開けて、夢の世界に連れていくことができると思っています」と話す。

「手塚治虫生誕90周年記念会」
「手塚治虫生誕90周年記念会」

主人公の作家を演じる稲垣は「このたび手塚先生の快作と言われるこの『ばるぼら』に出演させていただくことになりました。刺激的な作品で僕が演じる洋介というキャラクターが愛と欲望に取り付かれていきます。監督とクリストファー・ドイルさんの作り出す耽美的で退廃的な美しい世界観で演じさせていただくことができました。解釈がいろいろあり難しい作品だと思いますが、壊れゆく時にしか出せないような色気や尊さそういったものを感じてもらえる作品になっていると思いますし、皆さんに楽しんでいただける作品になると思います!」とコメント。

ばるぼらを演じる二階堂は「父親が手塚治虫作品が好きで、家には「火の鳥」や「鉄腕アトム」があり、楽しく読んでいました。『ばるぼら』は原作も力強い物語で私自身もいろいろなことを考えながら参加させていただきました。完成したものを皆さんに見てもらえるよう面白い作品になっていくことを願っています」と述べた。

そんな二人の初共演の印象は「二階堂さんの映画をずっと見てました。私が初めて二階堂さんをスクリーンで見たときに衝撃が走りました。いつか本当にご一緒させていただきたいなと思っていた女優さんだったので今回良い体験だったなと思います」と稲垣が語れば、二階堂は「稲垣さんは私が物心ついた時からテレビで拝見していた方」と尊敬の眼差し。しかしながら現場では、お互いに役に徹した様子で「現場でお会いすると全然違う」(二階堂)、「二階堂さんならではのばるぼらを演じてくださって。存在してるようで存在してないような本当に夢だったのかなと思わせてくれました。もうばるぼらに会えなくなっちゃうのかと撮影が終わるとすごく寂しくなった」(稲垣)と明かしていた。

映画『ばるぼら』は2019年公開予定
©2019 Barbora Film Committee

映画『ばるぼら』予告編


©2019 Barbora Film Committee

手塚治虫著「ばるぼら」(手塚治虫文庫全集)をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD