有村架純×坂口健太郎「そして、生きる」出会いシーン

ニュース

WOWOWにて現在制作中の有村架純×坂口健太郎の最強タッグで贈る純愛ラブストーリーを描く、連続ドラマW「そして、生きる」の特報映像が到着した。

有村架純×坂口健太郎「そして、生きる」出会いシーン
有村架純×坂口健太郎
©WOWOW

特報映像は、盛岡で生きる瞳子(有村架純)と東京に住む清隆(坂口健太郎)が2011年、東日本大震災後のボランティアで出会うシーンになっている。本作の脚本は岡田惠和、監督は月川翔。撮影は自然光を生かしており、ロケ地となる東北の壮大な景色と街並み、それから繊細な表情を映し出す。

©WOWOW

連続ドラマW「そして、生きる」は2019年夏よりWOWOWプライムにて
©WOWOW

連続ドラマW「そして、生きる」あらすじ

3歳の時に交通事故で両親を亡くした生田瞳子(有村架純)は、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。天真爛漫に育った瞳子は、時に地元のアイドルとして活躍することもあり、いつしか女優を志すようになっていた。そして、19歳になった瞳子は、東京で開催されるオーディションに覚悟をもって挑もうとするが、本番前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。その年の秋―。瞳子はカフェで一緒に働いている韓国人のハン(知英)とともに、気仙沼でのボランティア活動に参加する。瞳子はそこで、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆(坂口健太郎)と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、瞳子はなぜか彼のほほえみに違和感を覚えていた。清隆自身もまた過酷な運命を背負っていることを、瞳子は知る由もなかった。そして気仙沼での日々をともに過ごした瞳子と清隆はいつしか互いに特別な感情を抱いていく。

連続ドラマW「そして、生きる」特報


©WOWOW

連続ドラマW「そして、生きる」公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で