左から広瀬奈々子監督、伊藤万理華、原田美枝子、藤井美菜、志尊淳、夏帆、蒔田彩珠、北原栄治監督

志尊淳「『潤一』は魅了されていく作品」

映画会見/イベントレポート

俳優の志尊淳が劇場版『潤一』の公開記念舞台挨拶に来場し、「官能的な部分が先行していますが、人間ドラマと美しさに魅了されていく作品」だと語った。

志尊淳「『潤一』は魅了されていく作品」
左から広瀬奈々子監督、伊藤万理華、原田美枝子、藤井美菜、志尊淳、夏帆、蒔田彩珠、北原栄治監督
©2019「潤一」製作委員会

原作は直木賞作家の井上荒野の連作短編集。志尊は6人の女性たちを虜にする妖艶な青年・潤一を華麗に演じ、官能的なベッドシーンを披露し新境地を拓いた。監督は『歩いても歩いても』以降の是枝作品を支えてきた北原栄治と、是枝の愛弟子「夜明け」の広瀬奈々子が務める。脚本は、分福の砂田麻美『エンディングノート』。

この日は志尊をはじめ、藤井美菜、夏帆、原田美枝子、蒔田彩珠、伊藤万理華、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が出席した。共演した女性陣に囲まれステージに登壇した志尊は「良い気持ちですね(笑)。ドラマといえ短編映画のように。いつか映画館にかけられたらいいねと話を撮影途中からしていたので、幸せですね」と万感の様子。「大きなスクリーンで観ていただけて嬉しい」と藤井も話せば、原田も「最初はテレビで放送されると話を聞いていたので、劇場で公開されると聞いて驚きました」と劇場公開に嬉しそうな様子。

志尊の新たな一面が垣間見える作品となったが「(依頼をいただいて)小説を読ませていただき、今まで感じたことがない感情だったり、自分の中で強く感じていたものを覆される瞬間がありました。僕が感じたイメージの潤一を遥かに超えるものを、このすばらしいキャストとスタッフのみなさんと作り上げられたら」と出演を決意したときの心境を告白。

藤井は志尊との共演について「お若いのにとてもしっかりされていて、結構引っ張っていただいて」と振り返った。夏帆の撮影初日はインパクトのあるシーンから撮影が始まったそうで「初日からなかなか飛ばしていましたね(笑)」と笑い、志尊も「夏帆さんとは一番最初に会ったシーンは衝撃的なシーンで。『はじめまして。よろしくお願いします』って言った10分後には『うわ~』みたいな(笑)」と会場を驚かせた。志尊との自転車の二人乗りのシーンを見せた原田は「楽しかったですね。いつまででも続けばいいなと思いました」と照れ、「この作品は詩のような作品で言葉にならない感覚が映像にぴったり」と作品の出来に満足の様子。

本作は対応の違う6名の女性たちの前に風のように現れて、一瞬で心をつかみ、満たし、また雲のように去っていく主人公の潤一が一番の魅力になっている。

志尊自身は「ぜんぜん違うタイプ」と語るが、ここで共演した女性陣に潤一と志尊の共通点を質問「ギャップが多い方で可愛らしい方かなと思っていましたが、男っぽい方。ギャップが魅力的な方だなと思いました」とコメント。

この撮影では役柄的にコミュニケーションをあまり交わさなかったという志尊。初共演となった夏帆も「潤一=志尊さんというイメージがありますね。今日はよく喋っているな、こんなに喋っているところ初めて見ました!」と驚きの様子。

原田は「観る度に顔の印象が違うので、この役はすごくあっていると思います」と原田が絶賛すると、志尊は照れて「最後まで聞きますか?」と困り顔。観客の大きな要望に応え続けることに。

「現場での志尊さんは常に周りを見ていて、さーと来てさーと帰る。本当に潤一だなと思いました」(蒔田)、「潤一みたいな方と思っていましたが、どうなんでしょう(笑)。ねこっぽい。動物的で本能的な潤一そのままのイメージ」(伊藤)と女優陣からの絶賛が続いた。

最後に志尊はファンに向けて、「この作品を観てくださいって想いは僕には一切なく、みなさんが感じ取ったそのままの気持ちで感じ取ったものを楽しんでいただけたらと思います。官能的な部分が先行していますが、人間ドラマの部分や登場する女性の方々も本当に美しいので、魅了されていく作品だと思います」とメッセージを寄せ、舞台挨拶が終了した。

映画監督の是枝裕和を中心に設立された制作者集団「分福」が手がける渾身のプロジェクト『潤一』。フランス・カンヌの国際ドラマの祭典「カンヌシリーズ」のコンペティション部門に日本作品として初めて出品され、公式上映がされると現地の関係者から絶賛を浴び、注目を集めた。ドラマ配信・放送に先駆け、6月14日より1週間期間限定で丸の内ピカデリーにて。

劇場版『潤一』あらすじ

無職・宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一。出産をひかえた妊婦、映子。妹の旦那と寝る姉、環。亡くなった夫の不倫を疑う未亡人、あゆ子。夫に束縛された装丁家の女、千尋。処女を捨てたい女子高生、瑠依。毎日男漁りに出掛ける女、美夏…。それぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れて、消える。寄る辺ない日常に埋れていた女たちの人生は、潤一との刹那の愛で輝きを取り戻す。

劇場版『潤一』予告編


©2019「潤一」製作委員会

劇場版『潤一』(スターサンズ 配給)は2019年6月14日[金]より丸の内ピカデリーにて1週間限定上映
劇場版『潤一』は2019年6月26日[水]よりAmazonプライムビデオ、iTunesほかデジタルセル先行配信開始
ドラマ「潤一」は関西テレビにて2019年7月12日[金]25:55より放送、放送終了後国内プラットフォームにて見逃し配信
ドラマ「潤一」は日本映画専門チャンネルにて2019年7月13日[土]23:00より放送

ドラマ「潤一」公式サイト junichi-drama.com
井上荒野著「潤一」(新潮文庫)をAmazonで購入する
沢村一樹×志尊淳『おっさんずラブ』参戦だお!
映画『帝一の國』菅田将暉×野村周平×竹内涼真×間宮祥太朗×志尊淳×千葉雄大4千人を全力おもてなし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で