堤真一「赤鬼先生役は中学の野球部監督をモデルにした」

映画会見/イベントレポート

堤真一「赤鬼先生役は中学の野球部監督をモデルにした」

俳優の堤真一が6月15日、主演映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶に来場し、トーク中に恩師を偲びつつ「赤鬼先生役は中学の野球部監督をモデルにした」と本作の役作りに言及した

堤真一「赤鬼先生役は中学野球部の監督をモデルにした」
堤真一「赤鬼先生役のモデル」明かす

「ビタミンF」「とんび」「その日のまえに」「流星ワゴン」などが映像化される、ベストセラー作家・重松清著の短編集「せんせい。」所収「泣くな赤鬼」を、兼重 淳監督が映画化。陽に焼けた赤い顔と鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれた高校教師・小渕隆が、野球の素質を持ちながらも挫折して高校を中退した教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と再会。病に侵され命の期限が迫っているゴルゴに、恩師として何ができるか逡巡する…。

上映後の舞台挨拶には堤をはじめ、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、柳楽演じるゴルゴの高校生時代の役を演じた堀家一希、竜星演じる和田の高校生時代の役を演じた武藤潤、そして本作のメガホンをとった兼重淳監督が駆けつけた。

堤は初めに「雨の中足を運んでいただき誠にありがとうございます」とお客様を気遣い、公開を迎えたことに感無量な様子。兼重監督は「(ロケ地の)群馬で『メン・イン・ブラック:インターナショナル』と『アラジン』抑えて一位ですよ!」と感謝を伝えて舞台挨拶は始まった。

それぞれの撮影エピソードののち、「再会したい人」の話題に。堤は中学時代の野球部の監督を挙げ「二か月前に亡くなられていた。まだ生きていたら劇場で見てくれていたと思う」と語り、兼重監督に恩師のことをすべて話して、実際演じる上でモデルにもなったことを明かした。

左から兼重淳監督、堀家一希、川栄李奈、堤真一、柳楽優弥、竜星涼、武藤潤
左から兼重淳監督、堀家一希、川栄李奈、堤真一、柳楽優弥、竜星涼、武藤潤

イベントの終盤には「公開記念始球式」を実施。堤が客席にボールを投げ、キャッチしたお客さんはキャスト陣のサインが入ったボールがプレゼントされる企画。堤は登壇者が竜星のファンだと知るや「握手してもらいな!」と誘導。横にいた柳楽が握手に割り込むや、堤も「また、おまえ!」というやりとりで、会場は笑いに包まれた。

最後に兼重監督は「僕の先生と言える先輩監督から、『目に見えることがすべてじゃない、目に見えないものを映像にするんだ』と教えて頂いて、それをいつも思いながら撮っています。今回は前半が劣等感とかを軸に描いた。そのあと夢や想い最終的に愛を描きました。目に見えない空気感みたいなものを皆さんに感じてお帰り頂けたら幸せです」と語りかけた。

映画『泣くな赤鬼』(KADOKAWA配給)は2019年6月14日[金]より全国公開
© 2019「泣くな赤鬼」製作委員会

堤真一×柳楽優弥×川栄李奈『泣くな赤鬼』出演を語る
映画『泣くな赤鬼』公式サイト akaoni-movie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で