ウディアレン監督×ティモシーシャラメ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

ニュース

ウディアレン監督×ティモシーシャラメ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)
ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)
Photography by Jessica Miglio ©︎2019 Gravier Productions, Inc.

ウディ・アレン監督×ティモシー・シャラメによる映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(原題 A Rainy Day in New York )は雨のニューヨークを舞台に贈る、苦くて甘いラブコメディ。

舞台となるのはアレン作品の十八番である、美しい現代のマンハッタン。クラシックなニューヨークとしておなじみの、メトロポリタン美術館、セントラル・パーク、カーライルホテルなどニューヨークの数々の名所を、ジャズピアノと雨音が彩る。撮影監督は、映画『カフェ・ソサエティ』『女と男の観覧車』に続き、79歳の巨匠ヴィットリオ・ストラーロ。

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャッツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事がつぎつぎと起こるのだった……。

ギャツビー「僕は独りで何しているんだ?」
ギャツビー「僕は独りで何しているんだ?」
Photography by Jessica Miglio ©︎2019 Gravier Productions, Inc.

今回解禁された海外版予告では、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)がガールフレンドのアシュレー(エル・ファニング)から、マンハッタンで映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)に取材する機会に恵まれたことを報告されるシーンから始まる。ニューヨークに到着して早速、監督へ取材するアシュレーはポラードから「せっかくの機会だ。特ダネが欲しいだろ」と新作の試写に誘われ、ギャツビーとの約束をキャンセルし、脚本家のテッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ)や、人気俳優のフランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)との、煌びやかな世界の住人たちとの予期せぬ出会いの連続に「最高の一日だわ!」と興奮する。一方、アシュレーに約束をドタキャンされたギャツビーは、学生映画を撮影中の旧友に偶然再会し、自分の元恋人の妹チャン(セレーナ・ゴメス)とのキスシーンにエキストラとして参加し、熱い口づけを交わしてしまう。全く計画通りにいかない週末に、「アシュレーと週末を過ごすはずが、僕は独りで何してるんだ?」という台詞と共に、ギャツビーの切なくも美しい表情が、軽快なジャズピアノの音楽に乗せ描き出されている。運命のいたずらに翻弄される3人の若者の恋の結末はどうなってしまうのかー?アレン監督が雨のニューヨークを舞台に贈る、苦くて甘いラブコメディ、続報をお楽しみに!

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(ロングライド配給)は2020年夏より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開
©︎2019 Gravier Productions, Inc.

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』予告編

©︎2019 Gravier Productions, Inc.
【広告付与者は「Lasso Entertainment 」様です/Monetization by Lasso Entertainment 】

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』公式サイトlongride.jp/rdiny/
映画『カフェ・ソサエティ』公開へ ウディ・アレン×クリステン・スチュワート
映画『女と男の観覧車』愛と裏切りのコニーアイランド
映画『荒野の誓い』宿敵の護送を命じられた英雄の決断
エル・ファニング主演!映画『メアリーの総て(原題 MARY SHELLEY)』日本公開決定

#レイニーデイ・イン・ニューヨーク #ウディ・アレン #ティモシー・シャラメ #エル・ファニング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で